API連携とCSV連携では何が違う?業務がどう変わる?

SaaSプロダクト間の連携において、API連携とCSV連携では業務に大きな差が生じることをご存じですか?


現在、1社あたり10~20の業務システムを使用していると言われています。複数のシステムを使用していると、当然システム間で共通のデータを使用していたり、データのやり取りの必要性が生じます。
例えば、勤怠管理と給与計算を異なるシステムで管理していた場合に、2つのシステム間でデータを送る必要があります。手入力で入力するのは手間ですし、ミスも発生しやすいです。そんな時にデータのやり取りをする方法として、CSV連携とAPI連携があります。


CSV連携とAPI連携とは

CSV(Comma Separated Values)とは、「カンマで区切られたデータ」という意味があり、互換性が高いCSVファイル形式をダウンロードし、他プロダクトにそのファイルをアップロードすることにより業務システム間でデータのやり取りができます。データの数値や情報は正確ですが、ファイルのダウンロードとアップロードは手作業で行わなくてはいけません。
CSV連携と異なり、自動でデータ連携できるのがAPI連携です。API(Application Programming Interface)とは、SaaS等の「ソフトウェアプログラムをつなげるためのプラグ」です。APIを公開することにより、ソフトウェアに外部とやりとりする窓口を作り、外部アプリと連携ができる状態になります。つまり、システムとシステムをAPIで繋げることにより、データのやり取りを自動登録でき、機能性が拡張されて便利に使えるようになります。


API連携のメリット

API連携のメリットは大きく分けて2つあります。


・自動登録でタイムリーな確認、共有ができる
・様々なシステムと連携ができ、利便性が高くなる


自動登録でタイムリーな確認・共有ができる

先にも説明していますが、API連携では日々業務で多発するデータのやり取りが自動化されることにより手間が省けます。さらに、自動登録されることにより、タイムリーな情報を確認することができます。法人であれば、当然1人で業務すべてを行っているわけではありません。例えば、CSV連携でデータのやり取りをしていた場合に、1人だけが「このデータはまだCSV連携していないから、連携したら数字が変わる」と認識していても、他の人がすべてを認識しているとは限りません。もしかしたら、最新の数字だと勘違いして業務に支障が出てしてしまうこともあるかもしれません。
つまり、業務システムはタイムリーな確認、共有できることで生産性を上げることが可能になります。


様々なシステムと連携ができ、利便性が高くなる

今ではAPIを公開している金融機関やクレジットカード会社もあります。そのため、会計システムと繋げると銀行口座の取引情報やクレジットカードの利用状況なども同期させて自動仕訳することもできます。このように、業務システム同士だけではなく、さまざまな業界のサービスと連携することができます。


このように、業務で多く発生する、データ入力作業や手間のかかる作業がAPI連携によって、ミスなくなり、業務のスピードアップに繋がります。
API連携は業務の生産性を高めて、働き方改革や人材不足対策にも大いに貢献するものになります。

API連携に関するその他のコラムはこちらをご覧ください↓

API連携とは?」エンジニアじゃない人は何したらいいの? SaaS連携の専門家が分かりやすく解説!


(エンジニア向け)APIvsCSV連携! API連携時に考慮すべきポイント


ノーコードでSaaSのAPI連携を実現するには、SaaS連携専門アプリストア「サーステイナー」を是非ご活用ください↓

SaaStainer

「品質は2倍。コストと期間は半分」を実現する
SaaS事業者向けの連携サービス

「Master Hub」で連携をシンプルに実現

「Master Hub」とは

「Master Hub」は、SaaS事業者のための連携ツールです。
一般的な連携開発では連携するシステムごとにAPIの仕様が異なり、開発工数が嵩むなど、外部連携開発時に発生する問題をすべて解決することが出来ます。

資料請求はこちら

ITユーザー企業向け
API連携の知見を活かして業務改善に貢献

こんなお悩みを持っている企業にお勧め
  • 部門毎に違うSaaSを利用しているが共通のデータも利用している
  • SaaSプロダクト間でのデータ移行はCSV連携で対応しているため、
    タイムリーな確認ができない
  • 新規システム導入を検討しているが、既存システムとの連携に困っている
  • 自社で連携ツールを使用してみたが、うまくいかなかった
  • 社内のデータがばらばらで整理されていない。システム連携がうまくいかない
  • API開発ベンダーが見つからずに困っている

ストラテジットは様々な業界の業務フローを理解しているからこそ最適な提案が可能ストラテジットは様々な業界の
業務フローを理解しているからこそ
最適な提案が可能

  • SaaS事業者様に提供している信頼できるサービス
  • 業界、利用シーン、利用者、やりたいことなど
    様々な観点で最適な連携をご提案
  • クラウド型ERPの導入支援での実績・知見を
    活かした提案が可能

SaaS連携アプリストア「SaaStainer」

SaaSとSaaSのデータ連携で業務改善を支援

「SaaStainer」は、SaaSと他のSaaSをデータ連携できるアプリを提供しているアプリストアです。API連携などのノウハウがなくても、アカウントを作成しアプリにログインすることで簡単に連携を実現します。企業内のSaaSとSaaSが連携出来ることで様々な作業を自動化してSaaS本来の価値を引き出し、業務改善のご支援を致します。

近年、多くの企業では業務効率化を目的として、業務・部署別に複数のSaaSを導入しています。SaaSは手軽に導入でき、業務効率化や働き方改革などへの効果が期待できます。しかし一方で、SaaS導入によって業務間の連携・部署間の連携・データの統合・マスタのチェック等が滞り、かえって業務量が増えてしまうという課題も発生しています。 ストラテジットが開発・運営する「SaaStainer」は、この課題を解決し、本来のSaaSのチカラを引き出します。

「SaaStainer」について詳しくはこちら

提供する価値

  • SaaS連携企画で事業成長を支援する
    ビジネスモデル企画
  • 外部サービスとの連携開発代行
  • アプリストア運営代行

MasterHubの特徴

マスター管理
システム連携で頓挫する主要因を独自技術で解決
複数の業務テンプレート
用意
数多くの連携実績により蓄積された連携のベストプラクティスを応用して高品質低コストを実現
個別カスタマイズ
対応できる柔軟性
カスタマイズ前提で提供しているため、個別ニーズにも対応可能

ストラテジットの提案力

  • ERP導入コンサルティングのノウハウを活かし、「ユーザーが使いやすく満足し、貴社の売上拡大、及びチャーン防止のために必要な連携は何か」を考え提案します。
  • まだAPIをお持ちでない場合は、その仕様の検討から業務設計,開発,運用までをワンストップで対応します。

一般的な自社開発

Master Hub活用した場合

SaaSのメリットを最大限活用した企業課題を
解決する導入支援事業
 クラウド型ERPだけでなくマーケティング・顧客管理・会計等業務システム全般に対応

クラウド型ERP「Oracle NetSuite」とは
  • ERP/財務会計および顧客管理(CRM)、Eコマースなどを含む主要な業務アプリケーション機能を、単一のシステムで提供するビジネス管理ソフトウェア
  • 世界22,000社以上で導入済み
  • ストラテジットはグローバル企業やスタートアップなど様々な業種/業態へNetSuiteの開発/導入の実績あり
  • 上場IT企業のEPRと自動管理会計の構築や上場準備の製造業の受発注や在庫管理システム等、実績は多数
業務課題の洗い出し・プロセス全体の改善をご提案

クラウド型ERPは企業の様々な業務を単一のシステムでデザイン可能です。同時にこれは、導入時に既存の業務プロセスを見直し、最適な業務のあり方に再構築しなければ、効果を最大化することができないことを意味します。

しかし、どう見直すべきか、また何が解決すべき課題かを明確にすることは、あらゆる企業にとって困難です。そこでストラテジットでは、お客様の表面的なご要望だけではなく、徹底的にご状況や課題をヒアリングし、それら整理した上で最適なデザインをご提案しています。

導入・連携・運用サポートも支援

導入時には既存システムなど、クラウド型ERPと外部システムとの連携が必要になる場面も多くあります。ストラテジットは連携開発を行うと共に、導入後のサポートまで一貫してご支援致します。