無料連携アプリ「freee to CloudSign」をリリース

この度、クラウド会計ソフトfreee(以下、「会計freee」)とWeb完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」(以下、「クラウドサイン」)を弊社のMaster HubによりAPI連携させたアプリ、「freee to CloudSign」をリリースしました。
この連携アプリにより、会計freeeで承認された各種申請フォームの内容をクラウドサインへ連携することで、契約書の作成業務と電子契約での送信業務をスムーズにし、業務効率化と入力ミスの削減に貢献します。

■「freee to CloudSign」の特徴
「freee to CloudSign」は会計freeeに登録・管理されている各種申請フォームが承認されると、そのフォームと入力された内容をクラウドサインへ連携します。また、クラウドサイン側で、連携された内容をそのまま契約相手先に自動送信するか、下書きとして保存するかを個別に設定することができます。

■ご利用方法
株式会社ストラテジットが運用するアプリストア「SaaStainer」にて、無料でご利用いただけます。
SaaStainer「freee for CloudSign」ページ:https://saastainer.com/apps/freee-to-cloudsign
詳細についてはこちらのURLよりご確認ください:https://saastainer.zendesk.com/hc/ja/articles/900005147083

■サービス概要
・クラウド会計ソフトfreee
スモールビジネスの業務効率化を実現する統合型クラウド会計ソフトです。帳簿や決算書作成・請求業務に対応、リアルタイムに数字を把握することが可能です。

・Web完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」
「クラウドサイン」は、「紙と印鑑」を「クラウド」に置き換え、契約作業をパソコンだけで完結できるWeb完結型クラウド契約サービスです。全てがクラウド上で完結するため、契約締結のスピード化とコスト削減を実現します。2015年のサービス提供以来導入社数14万社を突破した、シェア80%超の業界No.1のサービスです。

「PCA固定資産 to freee(β)」をリリース

この度、リベロ・コンサルティング社(本社:東京都三鷹市、代表:武内俊介)が企画・設計を行い、弊社が開発を担当し、クラウド会計ソフトfreee(以下、「会計freee」)とPCA固定資産を弊社のMaster HubによりAPI連携させた「PCA固定資産 to freee(β)」をリリースしました。 

 

今回のAPI連携により、PCA固定資産DX/hyper クラウド(以下、「PCA固定資産」)で登録・管理されている固定資産について会計freeeへ連携し、取得仕訳登録や減価償却費の計上作業をスムーズに行うことができます。​

 

■PCA固定資産 to freee(β)の特徴
「PCA固定資産 to freee(β)」はPCA固定資産で登録・管理されている固定資産について会計freeeへ連携し、取得仕訳登録や減価償却費の計上作業をスムーズに行うことができます。
API連携により、任意のタイミングでPCA固定資産から会計freeeに当該月次仕訳データを登録することができるため、会計freeeへの転記やCSVアップロード作業の削減が可能となります。

■ご利用方法
株式会社ストラテジットが運用するアプリストア「SaaStainer」にて購入可能です。
SaaStainer「PCA固定資産 to freee(β)」ページ:https://saastainer.com/apps/pca-to-freee
詳細についてはこちらのURLよりご確認ください:https://saastainer.zendesk.com/hc/ja/articles/900004435043

■サービス概要
・クラウド会計ソフトfreee
スモールビジネスの業務効率化を実現する統合型クラウド会計ソフトです。帳簿や決算書作成・請求業務に対応、リアルタイムに数字を把握することが可能です。

・PCA固定資産DX/hyper クラウド
企業の固定資産を効率的に正確な管理ができ、リース管理から減価償却計算・申告まで固定資産管理に必要な機能を網羅しています。

・Master Hub
Master Hubは連携に必要なノウハウを集約した開発プラットフォームです。
Master Hubによる開発は一般的な受託開発に比べ、高品質なシステム連携を半分以下のコストで安定的に運用することが可能です。

・SaaStainer
SaaSと他のSaaSをデータ連携できるアプリを提供しているアプリストアです。API連携などのノウハウがなくても、アカウント作成しアプリへログインすることで簡単に連携を実現します。
SaaStainer公式ページ:https://saastainer.com/apps

「board connect for Hubspot」の本製品版サービス提供開始

この度、リベロコンサルティング社が企画・設計を行い、弊社が開発を担当し、Hubspotとboardを弊社のMaster Hubで連携させた「board connect for Hubspot 」を正式にリリースしました。
スタートアップ企業に向けた、金額面や運用面で「ちょうどいい」シンプルだけれども必要な機能は備わり、リード獲得~案件管理~入金管理までを円滑にすることを目的としました。

 

■背景
顧客情報と案件情報は1:Nの関係になるため、データ構造や参照関係も含めてきちんとした仕組みの中で管理すべきものです。それらを1つのシステムで完結できるようにすると、導入やメンテナンスにコストがかかります。さらにシステムが大きくなるほどに柔軟性はなくなり、複雑になっていきます。これに対して、近年増えている「専門性の高い別々のシステムをAPI連携する」という考えのもと、リーズナブルで導入しやすいSaaSプロダクトでの業務効率化を目指しました。

■board connect for Hubspot の特徴
「Hubspotの顧客情報と案件情報をboardに連携する」それだけのシンプルな機能ですが、業務設計という切り口で業務やデータの流れを含めてきちんと上流から下流まで設計し、導入してすぐに業務効率化に貢献できる機能開発をしています。また、boardとすでに連携しているfreeeを活用すると、リード獲得〜案件管理〜入金管理という業務を円滑に行うことが可能になります。

①リード管理:Hubspot
②案件管理(見積・請求を含む):board
③入金管理:freee
という座組みをシームレスに実現するための機能を提供します。

シンプルで必要十分な案件管理と会計連携を実現したいと考えている方は、ぜひお試しいただければ幸いです。

【ご利用方法】
株式会社ストラテジットが運用するアプリストア「SaaStainer」(URL:https://saastainer.com/apps )にて購入可能です。
・価格:月額1000円(税抜き)
・詳細についてはこちらのURLよりご確認ください:https://saastainer.zendesk.com/hc/ja/articles/900004435143
・「board connect for Hubspot」に関するお問い合わせは、株式会社ストラテジット(https://saastainer.com/inquiry)にお問い合わせください。

「Backlog原価計算アドオン」サービス提供開始

株式会社ヌーラボが提供するプロジェクト管理ツール「Backlog」のデータを用いて原価計算・予実管理を可能にする「Backlog原価計算アドオン」の開発、ストラテジットが運営するアプリストア「SaaStainer」内にてサービス提供開始しました。

■Backlog原価計算アドオンとは
Backlogで蓄積されている各プロジェクトの実績時間データを基に原価計算・予実管理を行えるアプリケーションです。主な機能は下記となります。
・原価計算―Backlogの作業実績を自動集計し、プロジェクト毎の原価を確認できます。
・予実管理―プロジェクト別予算対比をグラフ化し確認できます。

画面イメージ:プロジェクトごとのタスク毎の原価

​・価格:無料 ※期間限定
・詳細についてはこちらのURLよりご確認ください:https://saastainer.com/apps/backlog-prj-cost
・「Backlog原価計算アドオン」ヘルプページ:https://saastainer.zendesk.com/hc/ja/articles/900003524366
・「Backlog原価計算アドオン」は、株式会社ストラテジットが提供しています。「Backlog原価計算アドオン」に関するお問い合わせは、株式会社ストラテジットにお問合せください。

 

【Backlog原価計算アドオン ご利用方法】
株式会社ストラテジットが運用するアプリストア「SaaStainer」(URL:https://saastainer.com/apps )にて購入可能です。
SaaStainerは、SaaSと他のSaaSをデータ連携できるアプリを提供しているアプリストアです。API連携などのノウハウがなくても、アカウント作成しアプリにログインすることで簡単に連携を実現します。
企業内のSaaSとSaaSが連携出来ることで様々な作業を自動化してSaaS本来の価値を引き出し、業務改善のご支援を致します。

■Backlogについて
タスク管理や Wiki など情報共有に関する豊富な機能や、直感的に操作が可能なインターフェースなどを特長としたプロジェクト管理ツール Backlogは、2005年にベータ版がリリースされて以降、多くのチームのコラボレーション促進のために導入・活用いただいています。現在、SaaS版 / インストール版の2つの形態で提供しています。

SaaS連携アプリストア「SaaStainer」をリリースしました

■背景
国内企業のSaaS利用は毎年増えています。企業は業務、部署別に目的に合ったSaaSを導入します。
SaaSのメリットでもある手軽に導入出来ることにより、企業内に複数のSaaSアプリケーションが存在しています。業務効率化を1つの目的として導入したSaaSにより、業務間の連携・部署間の連携・データの統合・マスタのチェック等、却って業務量が増えてしまっているという課題が発生しています。
各SaaSとの連携の重要性は、意識しつつも着手できなかった部分を解決することで”ユーザーへ価値提供”と”SaaS事業者の支援”をミッションに「SaaStainer」を公開することといたしました。

 

■SaaStainerとは
SaaSと他のSaaSをデータ連携できるアプリを提供しているアプリストアです。API連携などのノウハウがなくても、ダウンロードするだけで簡単に連携を実現します。
企業内のSaaSとSaaSが連携出来ることで様々な作業を自動化してSaaS本来の価値を引き出し、業務改善のご支援を致します。

 

SaaStainer

SaaStainer使い方ページ

HPをリニューアルしました。

この度、ホームページをリニューアルいたしました。
当社などに関する情報の掲載、お知らせ情報の発信などを行ってまいりますので、みなさまどうぞ宜しくお願いいたします。