開発の背景

現在は、1社あたり10程度のSaaSを利用されていると言われています。複数のSaaSを利用することで情報の分断や多重入力といった問題が起き、SaaSの新規導入や効果的な運用の足かせとなっています。

SaaS事業者様にはそういった問題を抱えるユーザー企業からシステム連携の要望が多数寄せられているのではないでしょうか。しかしながらシステム連携に高度な知見を持ったエンジニアは限られており、多くの場合、最も事業インパクトの大きい自社プロダクトの開発リソースの増強に動いている中、連携の専任の担当者を設置することも困難かと思います。

そこで、ストラテジットはSaaS事業者の皆様に高品質で低コストなシステム連携の実現を提供し、事業のスケールに貢献することを目的としてMasterHubを提供しています。