「Backlog原価計算アドオン + freee」をリリース

プロジェクト管理ツールBacklog(以下「Backlog」)とクラウド会計ソフトfreee(以下、「会計freee」)をAPI連携させたアプリ「Backlog原価計算アドオン + freee」を連携アプリストア「SaaStainer」でリリースしました。

この連携アプリにより、Backlogで蓄積されている各プロジェクトの実績時間データを基に原価計算・予実管理を行うと同時に、その内容を会計freeeに連携することで請求書作成までを自動化し、業務効率化と入力ミスの削減に貢献します。

■「Backlog原価計算アドオン + freee」の特徴

「Backlog原価計算アドオン + freee」は、エンジニアなどの技術者がBacklogに登録したプロジェクト毎の実績時間データを基に原価計算・予実管理することを可能にします。また、ここで計算した内容はそのまま会計freeeに連携でき、請求書の作成を自動化します。また入金時のステータスも連携されるため、当アドオン上で請求ステータスの確認も可能です。プロジェクトマネージャーや、経理などの管理部門メンバーの業務効率化を実現し、人的ミスを削減します。

■ご利用方法

株式会社ストラテジットが運用するアプリストア「SaaStainer」にて、無料でご利用いただけます。

SaaStainer「Backlog原価計算アドオン + freee」ページ

詳細についてはこちらよりご確認ください

 

■サービス概要

・クラウド会計ソフトfreee

 スモールビジネスの業務効率化を実現する統合型クラウド会計ソフトです。帳簿や決算書作成・請求業務に対応、リアルタイムに数字を把握することが可能です。

 

・プロジェクト管理ツール「Backlog」

タスク管理や Wiki など情報共有に関する豊富な機能や、直感的に操作が可能なインターフェースなどを特長としたプロジェクト管理ツール Backlogは、2005年にベータ版がリリースされて以降、多くのチームのコラボレーション促進のために導入・活用いただいています。現在、SaaS版 / インストール版の2つの形態で提供しています。

 

・SaaStainer

SaaSと他のSaaSをデータ連携できるアプリを提供しているアプリストアです。API連携などのノウハウがなくても、アカウント作成しアプリへログインすることで簡単に連携を実現します。

SaaStainer公式ページはこちら