「API連携とは?」エンジニアじゃない人は何したらいいの? SaaS連携の専門家が分かりやすく解説!

「API」は、アプリケーションやWEBサービスを制作する人にとって、今や必須のサービスとなっています。
しかし、一般ユーザーからすると聞き慣れない単語ですよね。
実はAPIはさまざまなサービスに活用されており、私たちのインターネットライフをよりよいものにしてくれているのです。

 

このコラムを読んで、API連携についてぜひ理解してみてください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
APIとは

・単語の成り立ち :『Application Programming Interface』の頭文字をとって形成された単語。
          直訳すると「アプリケーションとプログラムをつなぐもの」という
          意味になります。
・読み方     :「エーピーアイ」
・意味      :アプリケーションやWEBサービスに組み込むことで、外部の
          アプリケーションや機能を利用できるようにするものを指しています。
・API具体例    :Twitter API、Amazon MWS、Google Calendar API、
          Yahoo!デベロッパーネットワーク内にあるWebAPI、
          LINE Developers内にある Messaging APIなどが挙げられます。


もう少し詳しく説明していきます。

「API」は異なるソフトウェアとソフトウェアを繋ぐインターフェースです。エンジニアでない人にとってはあまり馴染みがなくピンとこないかもしれないですが、データ連携を行う上では必須アイテムです。
提供側がソフトウェアの一部を公開し、他のソフトウェアと組み合わせて使えるようにしており、技術者は必要な機能を手軽に追加できます。
尚、APIには公開されていないものやWebを介さないで利用できるものがありますが、Web上に公開されていて誰もが使え、Web上で利用できるAPIをWebAPIと言います。現在ではwebAPIのこと指してAPIと呼ばれることも多いですね。

またAPIの多くはインターネット上に公開されているため、煩わしい契約もなくスムーズに入手できるのも魅力です。
技術者がこれらのサービスを利用することで、よりユーザーニーズに応えたサービスを展開することが可能です。
デメリットとしては、APIを公開している提供企業が仕様変更や提供を停止したり、サーバで障害が発生したりすると、連携の失敗やそもそも連携自体ができなくなってしまう場合などが挙げられます。APIを利用する際はそのようなデメリットも理解したうえで利用する必要があります。

APIは技術者にとって大きなメリットがありますが、ユーザーにとっても非常に有益なものです。
たとえば近年では、一つのGoogleアカウントによって、複数のサービスにログインできるようになっていますが、これもAPIの一種です。WEBサービスの同時利用や、切り替えに便利ですね。
さらに、ブログなどに地図や検索機能などを搭載できるのも、APIのおかげです。

このように日々便利になっていくWEBサービスを有効活用するためには、現在使用しているサービスが、どのようなサービスと連携して、どんなことが出来るようになるかを把握しておくとよいでしょう。
また、仕事やサイト制作において「こんなことができたらいいな」ということを明確にして「〇〇 API」で検索するのもオススメです。
APIを実際に利用しつつ理解を深めれば、日々のPCやネット利用をよりよいものへと変えていけるかもしれません。

 

非エンジニアのAPI利用の難しさ
ここまでAPI利用の利点をメインにご紹介しましたが、非エンジニアの方にも扱う事ができるのかという疑問をもたれるかもしれません。

率直に申し上げて、それは“難しい”です。

API連携には提供されているAPIドキュメントをもとに開発していく事になりますので、知見のある社内エンジニアさんや外部企業に委託する必要があります。
そうなると「そこまでリソースを割く事はできないから今まで通りCSV連携でいいや。。。」という思考になるかと思いますが、それでは業務改善には繋がりません。


株式会社ストラテジットでは、連携アプリストア「SaaStainer(サーステイナー)」で、簡単にSaaS間の連携を行える連携アプリを複数提供しておりますので、是非ご活用下さい。簡単にSaaSのAPI連携を実現し、御社の業務改善に貢献致します。

また、SaaSのAPI連携に関する仕様設計、開発、運用の全てを承っておりますので、弊社HPからお気軽にご相談ください。

LINE API連携、Teams API連携、クラウドサイン API連携、freee API連携、マネーフォワード API連携、Oracle NetSuite ERP API連携など多数の実績がございますので、コストは1/2、品質と開発スピードは2倍以上で、お客様の業務要件を想定したご提案をさせて頂きます。

 

電子帳簿保存法に対応したワークフロー申請からの文書保存なら

コラボフロー for ClimberCloud(クライマークラウド)


freee会計内で承認された各種申請フォームをクラウドサインに連携するなら

freee to CloudSign

 

<SaaStainer|こちらをクリック

 

SaaStainerのTwitterアカウントでも最新情報を発信しておりますので、ぜひフォローをお願いいたします。
<【公式】SaaStainer Twitterアカウント|こちらをクリック

 

記事内に出てきたiPaaSについてもご紹介しています。気になる方は下記よりぜひご覧ください。
「iPaaS」についての説明はこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以上が「API連携」のご説明となります。