「iPaaSとは?」なぜ今iPaaSが必要なのか?PaaSとの違いは?|SaaS連携の専門家が分かりやすく解説!

業務システムを部分的に利用する企業が増えたことで、「連携」が必須となり、同時に課題となっています。

「iPaaS」はそんな課題の解決の一助となるサービスのひとつです。

しかし、”iPaaSとはなにか教えて”と言われると、なかなか説明は難しいのではないでしょうか。

本コラムでは、iPaaSの概要・目的に加え、関連する〇aaS的用語やiPaaSによって得られるメリット・デメリットをわかりやすく説明します。

 

iPaaSとは

iPaaSとは?

iPaaS(Integration Platform as a Service:アイパース)とは、直訳で「サービスとしての統合プラットフォーム」で、

オンプレミス、またはSaaSサービスの複数システムでばらばらで管理している情報を連携・管理できるサービス、または形態のことを指します。

もう少し詳しく説明していきます。

なぜiPaaSが必要なのか

そもそも、なぜiPaaSが必要なのでしょうか。

SaaSのコラムでも記載したように、SaaSは「必要な時に、必要な機能を、必要な分だけ」使うかを選ぶことができるため、昨今では業務毎に異なるSaaSを利用するケースが多くなっています。
(例)顧客管理システムはHubspot、ワークフローシステムはコラボフロー、会計システムは会計freee等

複数のSaaSを利用する場合、それぞれで記載した情報を連携できないと、手作業で転記したり、自社又は社外エンジニアに依頼して連携できるプログラムを開発する必要があり結果、作業コスト・発注コストが発生します。

近年ではAPI(Application Programming Interface)というSaaSの一部分の機能を共有して利用できる仕組がありますが、そもそも利用しているSaaSがAPI情報を用意/公開していないとAPI連携することはできません。
API連携を使って情報連携ができない場合はCSVデータを都度ダウンロードし、連携相手が受け取れるCSVデータの形式に変換し、インポートするか、それも出来なければ手作業・RPAまたは連携プログラム開発になってしまいます。

API連携とCSV連携の違いについてはこちらのコラムをご覧ください。

iPaaSはこれらの課題を解消する為に、主にAPIを活用して連携し、業務を自動化することができます。

iPaaSの種類

一口にiPaaSといっても、いくつかの型に分けられます。

明確に分かれているわけではなく、各iPaaSサービスによって呼称は異なりますのでご了承ください。

レシピ型

ユーザーが良く利用するであろう連携があらかじめレシピとしてセットされているタイプです。

システム連携の知識なく簡単に作成・運用することができます。

ETL/ELT型

Extract・Transform・Loadの頭文字からなる用語であり、

①Extract(情報源からのデータ抽出)
②Transform(データを必要に応じて変換)
③Load(変換したデータを対象システムにロード)

の手順でデータを処理するツールです。

企業が蓄積している大量のデータを加工し、BIなどの分析に適した形にした上でデータウェアハウス(DWH)に書き出します。

EAI型

Enterprise Application Integrationの略で、直訳で「企業アプリケーション統合」つまり企業内の異なるシステムを連携させる仕組みのことです。

リアルタイムで整合性を保つ必要があるデータの連携に適しています。

特化型iPaaS

上記のカテゴライズとは別で、特化型iPaaSという考え方も台頭しています。

iPaaS事業者は複数の分野にまたがって利用できるようサービスを提供していますが、中にはニッチなニーズに特化したiPaaSも存在しています。

例えば不動産業界・eコマースなど、特定の業界・企業に向けて提供されているiPaaSがその一例です。

現在は数も多くありませんが、今後はiPaaSもニーズに合わせて独自の進化を遂げていくことが想定されます。

IaaS、PaaS、SaaS、FaaS、DaaSとの違い

iPaaSを調べる際に見かけることが多い用語についても、整理してみましょう。

〇〇〇 as a Service という単語構成になっており、〇の部分にどういったサービスを担うかの英単語が入ります。

IaaS(Infrastructure as a Service

※イアース、もしくはアイアース

システムを稼働させるために必要なネットワークからOSまでの機能を利用できるようにしたものです。

PaaS(Platform as a Service)

※パース、もしくはパーズ

IaaSに加えて、ミドルウェアやプログラミング言語、管理システムといったアプリケーション開発に必要なものを利用(提供)できるようにしたものです。

SaaS(Software as a Service)

※サース、もしくはサーズ

開発されたソフトウェアをインターネット経由で利用(提供)できるようにしたものです。

 

上記3つは提供するサービスの領域が異なります。

iaas/paas/saasの責任範囲

FaaS(Function as a Service)

※ファース

開発や業務に必要なサーバなどのインフラを、クラウドサービスに一任し、開発者がプログラミングに集中できるサービスを発展させたものです。

作成したプログラムに合わせて自動的にサーバを拡大、縮小(スケーリング)してくれることが挙げられます。

DaaS(Desktop as a Service)

※ダース

クラウド上で仮想デスクトップ環境を提供するサービスの一種です。

テレワークの普及により着目されるようになりました。

従来のVDI(Virtual Desktop Infrastructure)では仮想デスクトップの環境を自社サーバー内に保有していましたが、DaaSではクラウド上に保有しているため管理はDaaS事業者が行います。

RPAとの違い、使い分け

自動化のワードでiPaaSと並びヒットするのがRPAです。

RPA(Robotic Process Automation)とは

業務自動化を行うツールのことを指します。

RPAはバックオフィス等の定型業務を自動化するのに長けており、繰り返し行われる単純作業が適しています。

あくまでルールに沿って処理をおこなうため非定型業務は不向きであり、例えばソフトウェアのUIに軽微なアップデートがおこなわれたとしても利用者側でメンテナンスが必要になります。

片やiPaaSはiPaaS事業者がメンテナンスをおこなうため、利用者側は差分を気にすることなく業務に注力することができます。

一概にRPA、iPaaSどちらかのみを使うというよりも、

ソフトウェアを横断する定型業務はRPAで、API(主にwebAPI)が提供されている場合はiPaaSでおこなうといった使い分けが必要になってきます。

APIとの関係性

iPaaSはWebAPIを活用してSaaS間の連携を実現します。

API連携のプラットフォームがiPaaSと言い換えることもできます。

よってAPIが存在しない、もしくはSaaS事業者がAPIを非公開にしている場合は、無論 iPaaSに用いることができません。

iPaaS導入のメリット、デメリット

メリット

コスト削減

iPaaSを活用することが属人化を防ぐことにつながり、ひいては全体のTCOを抑える効果があります。

単純にSaaS・iPaaSのサービス利用料だけではなく、各SaaSの連携にかかるヒューマンリソースも考慮せねばなりません。

IT業界は慢性的に人材が不足しており、2030年には45万人ものIT人材が不足するという予想があります。

拡張性(スケーラビリティ)

SaaSを取り巻く環境は今後もめまぐるしく変化することが想定されます。

企業規模や形態が変わることも珍しくありません。

そういった変化に伴い、利用するSaaSも適宜変わっていくことでしょう。

もし連携を手動で行っていた場合、例えば合併吸収といった大きな環境の変化に対応するのが非常に難しいですが、

iPaaSであれば接続するSaaSを変更すれば良いため、拡張性の面からもメリットが大きいでしょう。

ノンプログラミングでも導入が可能なものがある

連携設定テンプレートが豊富にあるiPaaSもあれば、分かりやすいUIで簡単な操作で設定することができるiPaaSも多々存在します。

非エンジニアであるバックオフィスの方でも運用できるレベルのサービスを利用するのも手です。

デメリット

サービス終了の可能性がある

可能性としては高くはありませんが、iPaaS事業者がサービスを終了するとどうすることもできません。

SaaSのデメリットとも重なる部分でもあります。

最適なソリューションが公開されていない場合がある

利用しているSaaSにまだ知名度がない場合、もしくは戦略的に他システムと連携を行っていない場合は、自社の業務フローにマッチしたソリューションが提供されていない可能性があります。

我々ストラテジットを含むiPaaS事業者はニーズに応じた開発を日々進めていますが、利用時点で業務のすべてがiPaaSで解決できないこともあります。

運用ハードルがやや高い

規模が大きい企業では情報システム部所属のエンジニアで対応できますが、専任エンジニアがいない企業では非エンジニアの各担当者(営業担当者、購買担当者、バックオフィス担当者等)が設定する必要があります。

しかし、ノンプログラミングで連携設定ができるとはいっても非エンジニアの方にはハードルが高く、その後の運用・メンテナンス・管理まで対応することが難しい場合もあります。

導入ハードルが高い

同じ会社内でも部署により異なるSaaSをそれぞれ使用していることと思われます。

SaaSはアカウント数に応じて費用が掛かるため、通常 必要最小限のアカウント数で業務を回すようになりますが、iPaaS導入を行うメンバーがすべての部署の業務を把握している訳ではないでしょう。

iPaaSの導入を行う人員のリソースをどこまで割けるかの問題も伴います。

 

各社のメンバー構成、スキル、業務量に応じてメリット、デメリットをしっかりと理解したうえで判断する必要があります。

事例

現在ではさまざまなiPaaSが提供されており、各サービスによって特徴があります。

代表的なサービスをご紹介します。

Zapier(ザピアー)

世界シェアNo.1のiPaaSです。

一連のワークフロー流れがZap(ザップ)という単位で表現され、5000以上のアプリから自分好みの自動化ツールを組み立てることができます。

執筆時点で日本語対応はされていないため注意が必要です。

IFTTT(イフト)

「If This Then That」の頭文字から見る通り、もし○○したら△△する、というようなレシピ(アプレット)を設定しておくことで作業の自動化がおこなえます。

あらかじめ公開されているレシピも多々あり、利用開始のハードルが低いのも特徴です。

また、Alexaとも連携することができ、Alexaに特定の音声操作を行うとLINEを自動送信したり、企業以外の消費者にも活用の幅が広げられています。

こちらも日本語対応はされていません。

Anyflow(エニーフロー)

国産初のクラウドネイティブiPaaSです。

海外のSaaSはもちろん、日本のSaaSにも対応しています。

非エンジニアにも使いやすいシンプルなUIとなっています。

DataSpider Cloud

こちらは国産のiPaaSです。

同社から提供されている、データ連携ソフトウェア「Data Spider Servista」を基に、クラウドで利用できるように開発されています。

オンプレミスに残されたシステムとの連携にも対応しています。

workato(ワーカート)

提供元は米国のスタートアップ企業ですが、日本法人が設立されているため言語の心配はありません。

何千というレシピがコミュニティにオープンソースとして公開されており、コピー&編集して再利用することができます。

 

上記で紹介したものに加え、BizteX Connect、ActRecipe、Microsoft Power Automate、Celigoなどもあります。

 

SaaS事業者向けiPaaS「Master Hub」とは

では、エンジニアが社内にいない、iPaaSを活用しきれないというユーザーは複数のSaaSをどう活用していけばいいのでしょうか。
答えは簡単です。

「既に連携機能を備えているSaaSを選ぶ」もしくは「連携アプリを活用してSaaS同士を連携する」方法です。

 

弊社(StrategIT)では、iPaaSの1つとして検索にヒットし、お問い合わせいただく事が多い「Master Hub」というツールを提供しています。
「Master Hub」は日々進化を遂げ、様々な機能を持ち合わせていますが、このコラムでは「SaaS事業者向けのiPaaS」とご認識いただくと分かりやすいかと思います。

 



<「Master Hub」紹介ページ|画像かこちらをクリック

 

 

 

先述の「既に連携機能を備えているSaaSを選ぶ」為には、SaaS事業者側で「連携機能を備える」為の開発をする必要があります。
ただ、SaaS事業者としては提供しているSaaS自体の機能アップグレード・新機能開発する活動をしてユーザー満足度を向上させる為の活動が先決です。
SaaS事業者の困難はこちらで紹介しているのでぜひご覧ください。

そのSaaS事業者がより工数を抑えて開発できるように作られたiPaaSが「Master Hub」です。
iPaaSは以前から普及しているものの、ユーザー向けだけでなく、SaaS事業者向けのiPaaSもあるという事を知っていただけたら幸いです。

「iPaaS」は扱いにくいというわけでは決してありません。
状況・メリット・デメリットを理解した上で最大限に活用していきましょう。

 

コラム内にでてきた「SaaS」や異なるSaaSの利用事例の記事は下記リンクから見れますので、まだ見ていなかったという方は是非ご覧くださいませ。



<「SaaS」該当コラム|画像かこちらをクリック

 


<「弊社のSaaS利用事例」該当コラム|画像かこちらをクリック

 

次回は弊社が開発した新しい連携アプリについてご紹介します。

コラム公開予定日は3/31(火)となります。

 

ノーコードでSaaSのAPI連携を実現するには、SaaS連携専門アプリストア「サーステイナー」を是非ご活用ください↓

SaaStainerのTwitterアカウントで最新情報を発信していきますので、ぜひフォローをお願いいたします。
<【公式】SaaStainer Twitterアカウント|こちらをクリック

シェアする

この記事を書いた人

株式会社ストラテジット