代表的なSaaSプラットフォームサービスをご紹介|SaaSプラットフォームの活用事例や選ぶポイントを解説

代表的なSaaSプラットフォームサービスをご紹介|SaaSプラットフォームの活用事例や選ぶポイントを解説
SaaSは企業における業務効率化に非常に役立つクラウドサービスです。

現在は多種多様なSaaSプラットフォームが登場しており、今後の活用にも非常に高い期待が寄せられます。

しかし、SaaSプラットフォームはその機能性や活用シーンをきちんと把握したうえで運用しなければ、自社に活かしきることが難しいでしょう。

SaaSを運用している企業の中には、導入後も色々な課題に直面したり、なかなか思ったように運用ができていないと感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、代表的なSaaSプラットフォームサービスを特徴と合わせてご紹介します。

活用事例や選び方のポイント、活用におけるメリット・デメリットについても解説するので、今後の活用に役立ててください。

 

SaaS事業開発に伴う課題

<strong>SaaS</strong>は企業における業務効率化に非常に役立つクラウドサービスです。現在は多種多様な<strong>SaaSプラットフォーム</strong>が登場しており、今後の活用にも非常に高い期待が寄せられます。  しかし、SaaSプラットフォームはその機能性や活用シーンをきちんと把握したうえで運用しなければ、自社に活かしきることが難しいでしょう。  SaaSを運用している企業の中には、導入後も色々な課題に直面したり、なかなか思ったように運用ができていないと感じている方も多いのではないでしょうか。  そこで本記事では、代表的なSaaSプラットフォームサービスを特徴と合わせてご紹介します。  活用事例や選び方のポイント、活用におけるメリット・デメリットについても解説するので、今後の活用に役立ててください。  <h2>SaaS事業開発に伴う課題</h2>  https://www.photo-ac.com/main/detail/23362858?title=%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%87%E3%82%A2&searchId=3019374807  SaaSプラットフォームの活用を考える前に、まずは<strong>SaaS事業開発に伴う課題</strong>について確認しましょう。SaaSは今後の業務効率化には確かに貢献してくれますが、決して課題が全くないわけではありません。  <h3>開発にコストがかかる</h3> まず考えられる課題が<strong>開発コスト</strong>です。SaaS事業開発に伴うコストは、お金・時間共に莫大なものがかかります。  企業の全社員分のサービスを整えるとなると整備コストは非常に大きなものになるでしょう。また、それらを整える人員コストもかかります。  また、SaaS事業開発にはきちんと技術的にも理解した担当者を設けることが必要です。さらに開発・運用に向けての時間的なコストがかかる点も課題になります。  最適な運用環境に整えるには時間がかかるものです。運用後も定期的に見直しが必要なため、こちらも時間がかかります。  <h3>独自コンテンツを工夫する必要がある</h3> <strong>独自コンテンツを工夫する必要がある</strong>点も大きな課題です。SaaSは<strong>PaaS</strong>や<strong>IaaS</strong>と比較すると汎用性が低いサービスに分類されます。  そのため、制限あるサービスの中で、自社の既存のコンテンツや業務に充てて効率化を図らなければなりません。  SaaSを導入し運用は始めたが、限られたコンテンツを自社業務に無理やりあてはめたがゆえに、相性が悪く効率化ができなかったという例も少なくないです。  SaaS独自のコンテンツを工夫して利用する必要がある点は、SaaSサービス自体を使い慣れない人からすれば、さらに使いづらい要因にもなるので大きな課題となります。  <h3>カスタマーサポートの負担が大きい</h3> <strong>カスタマーサポートの負担が大きくなる</strong>ことも大きな課題です。カスタマーサポートの役割としては、自社内・顧客に対して、課題の解決・継続利用・新規購入を実現させるための役割を担っています。  ただし、カスタマーサポートは基本的には<strong>受動的</strong>な立場のため、社員や顧客側から問い合わせがないとサポートは行えません。  その結果、何も言わず顧客が解約を行うケースや社員がサービスを利用しないケースを引き起こす可能性があります。  これらを防止するためには、サポートを行うカスタマーサポートの存在は非常に重要です。顧客の解約などを防止するには<strong>能動的</strong>なサポートを行う必要があるでしょう。  しかし、能動的サポートになるとカスタマーサポートの負担は非常に大きなものになります。  適切なタイミングで適切なサポートを必要とするので、非常に大変な作業となるでしょう。  <h2>SaaSプラットフォームの役割</h2>  https://www.photo-ac.com/main/detail/23194824?title=%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88PC%E3%82%92%E6%93%8D%E4%BD%9C%E3%81%99%E3%82%8B%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3&searchId=1534388097  SaaS事業開発の上での課題について把握した後は、<strong>SaaSプラットフォームの役割</strong>について把握していく必要があります。  SaaSプラットフォームの役割がいかに重要かを理解するには、その特徴を押さえなければなりません。  その特徴とは、SaaSにおけるクラウドで提供されるソフトウェアを適切に利用することと、そのソフトウェアの機能範囲内で工夫して利用するという点です。  決められたサービスを利用することはもちろんですが、その機能範囲内である程度自分たちで臨機応変に対応しながらあらゆる課題へ対応するという柔軟さが求められます。  <h2>代表的なSaaSプラットフォームサービス</h2>  https://www.photo-ac.com/main/detail/23130062?title=%E3%83%91%E3%82%BD%E3%82%B3%E3%83%B3%E4%BD%9C%E6%A5%AD%E3%81%AE%E7%94%B7%E6%80%A7%E3%81%A8%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8&searchId=2844926501  SaaSプラットフォームの役割を押さえたところで、次は<strong>代表的なSaaSプラットフォームサービス</strong>にどのようなものがあるのかを把握しましょう。  それぞれの特徴を理解できれば、今後の導入に向けて具体的なイメージを持てるはずです。  <h3>AWS</h3> 代表的なSaaSプラットフォームサービスとして<strong>AWS</strong>が挙げられます。正式名称は<strong>Amazon Web Services</strong>といい、世界最大級のECモールを運用するAmazonが提供するSaaSサービスです。  AWSが提供する主なSaaSサービスは以下のようなサービスがあります。  Microsoft Office 365 Amazon QuickSight Amazon EventBridge Amazon AppStream 2.0  <strong>Microsoft Office 365</strong>は使い慣れたOfficeアプリと、クラウドサービス・セキュリティを一括して提供するサービスです。  以前の端末にインストールして使っていたOfficeアプリと同様の性能を使用することができ、家庭向けだけでなく企業や教育機関と多方面に対応可能となります。  <strong>Amazon QuickSight</strong>は、完全マネージド化したBIサービスをクラウド上で利用することのできるサービスです。  データ分析のできる人材がいない企業でも、クラウド上のデータを利用して比較的簡単に分析が可能になるでしょう。  <strong>Amazon QuickSight</strong>は、アプリケーション同士を簡単に接続することができる統合サービスになります。サーバーレスで接続できる点が大きな特徴です。  また、<strong>Amazon AppStream 2.0</strong>はデスクトップ型のストリーミングサービスになります。配信は任意のブラウザで世界中への配信が可能です。  <h3>GCP</h3> 代表的なSaaSプラットフォームサービスとしては<strong>GCP</strong>もあります。これはGoogleが提供するクラウドサービスであり、正式名称は<strong>Google Cloud Platform</strong>です。  GCPが提供する主なSaaSサービスは以下の内容になります。  Google Cloud Storage BigQuery  <strong>Google Cloud Storage</strong>は、ストレージサービスであり容量無制限に使用できる点が特徴です。あらゆるデータを暗号化して自動的にバックアップを行い、自由にアクセスできます。  <strong>BigQuery</strong>はビッグデータ解析ツールを提供するサービスです。  数千万や数億件クラスの大量のデータでも高速にリアルタイムで解析することが可能で、年齢・地域などスケールごとの解析も可能としています。  <h3>ベアSaaSプラットフォーム</h3> <strong>ベアSaaSプラットフォーム</strong>はリンクベアメタルクラウドが提供するSaaSサービスです。  サブスクリプション形式でソフトウェアを販売するために必要なインフラであるIT基盤を提供し、販売から請求までサポートしてくれます。  主なサービスは販売面に特化したものであり、以下のような内容です。  サーバインフラの提供や運用代行 顧客情報の登録機能 顧客への通知機能  商品の登録などのマスタ管理からユーザーとの契約、ユーザーへの通知など包括的に行うことができるようになります。  代表的なプラットフォームをより詳しく知りたい方は弊社にご相談ください。  https://www.strategit.jp/contact/   リンク:https://www.strategit.jp/vendor-saas/  <h2>SaaSプラットフォームの活用シーン</h2>  https://www.photo-ac.com/main/detail/23240085?title=%E3%83%87%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%81%A7%E8%A8%98%E5%85%A5%E3%81%99%E3%82%8B%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3&searchId=2844926501  SaaSプラットフォームの代表例を把握しましたが、これらのサービスを<strong>活用するシーン</strong>はどういったところなのかも理解していきましょう。  主な活用シーンとしては、<strong>生産性の向上</strong>や<strong>業務の効率化</strong>を図りたい時が具体的な例として挙げられます。  例えば、顧客管理において、これまでは大規模なサーバを設けて運用したうえで大量のデータを保管していました。  しかし、データ量が増えれば増えるほどサーバは逼迫し管理も大変になります。それを解決してくれるのが<strong>クラウド型</strong>の運用です。  SaaSプラットフォームを活用すれば、コストを押さえながら大規模なデータにも対応ができます。  そして、サブスクリプション型で運用できるのでコスト管理も容易になり、結果的に売上の管理も簡単にできるようになるでしょう。  業務効率化や生産性の向上により、ビジネスを飛躍させたいときに大きく活用できるのです。  <h2>SaaSプラットフォームの活用事例</h2>  https://www.photo-ac.com/main/detail/23112792?title=%E3%83%91%E3%82%BD%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%81%A7%E4%BB%95%E4%BA%8B%E3%82%92%E3%81%99%E3%82%8B%E4%BA%BA&searchId=291300541  <strong>SaaSプラットフォームの代表的な活用事例</strong>についても把握できれば、より自社運用の際のイメージもしやすいでしょう。代表的な身近な活用事例としては、企業のGmailの活用です。  Googleが提供するメールサービスですが、インターネットに接続可能な環境下であれば、アカウントログインだけで端末・場所を問わずアクセスできます。  メール受信者はオフィスなど場所を問わずアクセスし、メールを見て連絡をとれるような環境になったことで業務の効率化に成功したところも多いです。  また、データの管理や編集・バックアップを異なる端末間で行えるDropboxを導入した企業でも生産性の向上に成功しています。  複数端末でのデータ同時編集を可能とし、リアルタイムで保存するのでバックアップの問題などの心配もありません。  オンライン上への保存により、大幅な業務環境の改善を行うことに成功しました。  <h2>SaaSプラットフォームを活用するメリット</h2>  https://www.photo-ac.com/main/detail/23023785?title=%E6%9B%B8%E9%A1%9E%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%81%A6%E8%AA%AC%E6%98%8E%E3%81%99%E3%82%8B%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3&searchId=3105179823  ここからは、<strong>SaaSプラットフォームを活用するメリット</strong>についても理解していきましょう。  詳細なメリットを把握することができれば、自社に得られる効果がイメージでき、導入について綿密に検討できるでしょう。  <h3>効率的に開発できる</h3> まず大きなメリットが<strong>効率的に開発ができる</strong>ことです。SaaSプラットフォームは多くの場合、システムの開発に関わる高度な技術をすでに保有しています。  自社で開発を一から行う場合には、大きなコストをかけなければならない場合でも、SaaSプラットフォームを利用すれば圧倒的に<strong>低コスト</strong>で開発できるでしょう。  <h3>開発コストを抑えられる</h3> 次に挙げられるメリットが<strong>開発コストを抑えられる</strong>という点です。これまでは同様のサービスを利用しようとした時には、初期投資としてまず大きな金額が求められました。  しかし、SaaSプラットフォームの多くが、現在月額や年額などのサブスクリプション形式になっていることで、初期費用を抑えての開発が可能になったのです。  <h2>SaaSプラットフォームを活用するデメリット</h2>  https://www.photo-ac.com/main/detail/1484715?title=%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%91%E3%82%BD%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%86%E7%94%B7%E6%80%A7%E3%81%AE%E6%89%8B%E5%85%83&searchId=291300541  SaaSプラットフォームを活用するうえでは、メリットだけでなく<strong>デメリット</strong>もあります。  導入後に問題点として発覚してはトラブルになる可能性もあるので、あらかじめ把握しておきましょう。  <h3>プラットフォーム提供者の環境に左右される</h3> まずひとつ目が<strong>プラットフォーム提供者の環境に左右される</strong>ことです。  たしかに生産性の向上や業務の効率化は狙えますが、それはプラットフォームが用意した環境の上でできる範囲になります。  そのため、思った通りの改善結果にはならない可能性もあるでしょう。  最悪の場合、全く対応不可能なケースもあるので、可能であれば必要な機能があらかじめプラットフォームにあるかも確認しておくべきです。  <h3>コストの予測が立てにくい</h3> <strong>コストの予測が立てにくい</strong>こともデメリットとして挙げられます。SaaSプラットフォームを利用するうえでは、必ずランニングコストが必要です。  それに加えて、一部の機能を付け加える際に課金するケースもあります。必要な機能が後々増えるかは、導入後にしかわからないのでコストの予測が立てにくいのです。  より詳しくプラットフォーム活用について知りたい方は、弊社にご相談ください。  https://www.strategit.jp/contact/   リンク:https://www.strategit.jp/vendor-saas/  <h2>SaaSプラットフォームを選ぶポイント</h2>  https://www.photo-ac.com/main/detail/23148146?title=%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%84%E5%A7%BF%E3%81%AE%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%81%A8%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95%E8%83%8C%E6%99%AF&searchId=3105179823  メリット・デメリットについて把握できましたが、自社に最適なプラットフォームを選定するのであれば、選ぶ際に押さえておくべきポイントも把握しておく必要があるでしょう。  ここでは、<strong>プラットフォームを選ぶ際のポイント</strong>を紹介します。  <h3>支援体制</h3> ひとつ目は<strong>支援体制</strong>についてです。プラットフォームを導入後、自社で運用中にわからないことやトラブルに見舞われることは多々あるでしょう。  その際に、しっかりとサポートをしてくれるかは重要です。問い合わせてもすぐに回答が得られない場合や、なかなか対応してもらえないとなれば、社内の業務にも支障が出かねません。  そういったトラブルにならないためにも、しっかりと支援をしてもらえる体制かどうかは重視しておきましょう。  <h3>利用料金</h3> 次に押さえておくべきポイントが<strong>利用料金</strong>についてです。先述した通り、SaaSプラットフォームを導入するのであればランニングコストがかかります。  それに加えて、必要な機能をオプションで追加していけばさらに料金が発生する仕組みです。  そのためいくら初期費用を抑えていても、最終的には高額なコストになっているケースもあるので、注意が必要になります。  <h3>採用実績</h3> <strong>採用実績</strong>も注目すべきポイントです。SaaSプラットフォームは非常に便利で業務に役立つツールに思えますが、全てが自社に最適なものばかりではありません。  最適なツールではないにも関わらず導入しても、思ったような結果が得られない可能性もあるでしょう。そのようなことにならないためにも、採用実績は大きな判断材料になります。  採用実績にて、自社と同様の事業を手がける企業・実際に導入した企業の得られた結果・実績などを伺い知ることができれば、自社への導入後も高い効果が期待できるでしょう。  <h2>効率的にSaaS事業をスタートしたいなら</h2>  https://www.photo-ac.com/main/detail/23259803?title=%E8%A1%97%E4%B8%AD%E3%81%AE%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3&searchId=2913348554  多くの企業がより業務の効率化などを期待する中、<strong>SaaSプラットフォームの導入</strong>は非常に有効な方法です。  しかし、自社に最適なプラットフォームを選ぶには、情報を集め実績を確認ししっかりと検討する必要があります。  とはいえ、スムーズにいかずどのプラットフォームがいいのかわからず悩みを抱え、思ったようにSaaS事業をスタートできないこともあるでしょう。  その際には<strong>弊社</strong>にご相談ください。専門の担当者が効率的にSaaS事業スタートできるよう、事前調査・導入から課題解決まで一丸となって取り組みます。  丁寧なヒアリングのもと、適切なアドバイスや課題解決に向けた最適なサービスの提案なども行いますので、ぜひ一度ご相談ください。  https://www.strategit.jp/contact/  <h2>SaaSプラットフォームを活用して事業を成功させよう</h2>  https://www.photo-ac.com/main/detail/748227?title=%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%82%92%E5%8F%96%E3%82%8A%E6%89%B1%E3%81%86%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3&searchId=2913348554  <strong>SaaSプラットフォーム</strong>は、企業にとっては効率化など業務改善に非常に効果を発揮してくれます。  しかし、全てのプラットフォームが自社に最適とは限らないので、適切なものを選ばなければなりません。導入後の支援やコストなども鑑みて検討する必要もあるでしょう。  これらを自社で全て解決するのは非常に大変です。導入後のリスクなど、まだ全て把握しきれていないこともあるかもしれません。  そのようなことがないためにも、ぜひ<strong>弊社</strong>にご相談ください。課題の発見から解決まで、企業と一緒になって解決に取り組みます。  <h2>SaaSは連携開発をすることで効果を発揮する</h2>  https://www.photo-ac.com/main/detail/4642850  業務効率化を目的として、業務・部署別に複数のSaaSを導入する企業が増えています  しかし、それぞれのSaaS単体では、その効果を最大限に発揮することはできません。 SaaSは連携開発することで、よりその効果を発揮するのです。   <h2>SaaSに関する多くの悩み</h2> SaaSは手軽に導入でき、業務効率化や働き方改革などへの効果が期待できます。  しかし一方で、SaaS導入によって業務間の連携・部署間の連携・データの統合・マスタのチェック等が滞り、かえって業務量が増えてしまうという課題も発生しています。  ・SaaSを導入したいけれど、「どの課題」に「どのツール」が最適かわからない ・SaaSを導入したものの、複数利用の影響で連携や効果的な運用ができていない ・SaaSを導入したものの、かえって業務量が増えてしまっている  このような悩みをお持ちの方は弊社にお任せください。  <h3>SaaS導入にお困りの方へ</h3>   SaaSの効果を最大化するためには、既存の業務プロセスの見直しや、最適な業務のあり方の再構築が必要です。  しかし、「課題をどのように見直すべきか」「何が解決すべき課題か」を明確にすること自体、困難に感じる企業も少なくありません。  そのような企業課題を解決するために、弊社はSaaSのメリットを最大限活用した導入支援を行っています。  <div> <a href="https://www.strategit.jp/consulting/" class="btn_navy btn_navy--case">SaaS導入を検討されている方はこちら</a> </div>  <h3>SaaS連携開発やAPI開発支援でお困りの方へ</h3>   多くの企業で、1社あたり10程度のSaaSを利用しているといわれています。それだけSaaSは多くの企業に必要とされていることがわかります。  しかし、複数のSaaSを利用することで情報の分断や多重入力といった問題が起こるリスクがあります。  業務の効率化を求めて導入したはずなのに、複数のSaaS利用によって新規導入や効果的な運用の足かせとなることがあるのです。  そこで弊社は、事業のスケールに貢献することを目的として「MasterHub」を提供しています。  SaaS事業者の皆様には、高品質で低コストなシステム連携の実現をご期待いただけます。  <div> <a href="https://www.strategit.jp/vendor-saas/" class="btn_navy btn_navy--case">SaaS連携開発・API開発の詳細はこちら</a> </div>  <h3>SaaS連携でお困りの方へ</h3>   SaaS導入によって、業務間の連携・部署間の連携・データの統合・マスタのチェック等が滞り、かえって業務量が増えてしまうという課題が発生しています。   業務の効率化を目的として導入しても、それではSaaS本来のチカラを発揮することができません。  弊社が開発・運営する「SaaStainer」は、この課題を解決しSaaSの本来のチカラを引き出します。  API連携などのノウハウがなくても、アカウントを作成しアプリにログインすることで簡単に連携を実現します。  <div> <a href="https://www.strategit.jp/corporate-saas/" class="btn_navy btn_navy--case">SaaS間データ連携の詳細はこちら</a> </div>  SaaS間の連携開発に特化した弊社が、企業の業務フロー全体を改善することで、SaaS本来のチカラと企業本来のチカラを引き出します。

SaaSプラットフォームの活用を考える前に、まずはSaaS事業開発に伴う課題について確認しましょう。

SaaSは今後の業務効率化には確かに貢献してくれますが、決して課題が全くないわけではありません。

開発にコストがかかる

まず考えられる課題が開発コストです。SaaS事業開発に伴うコストは、お金・時間共に莫大なものがかかります。

企業の全社員分のサービスを整えるとなると整備コストは非常に大きなものになるでしょう。また、それらを整える人員コストもかかります。

また、SaaS事業開発にはきちんと技術的にも理解した担当者を設けることが必要です。さらに開発・運用に向けての時間的なコストがかかる点も課題になります。

最適な運用環境に整えるには時間がかかるものです。運用後も定期的に見直しが必要なため、こちらも時間がかかります。

独自コンテンツを工夫する必要がある

独自コンテンツを工夫する必要がある点も大きな課題です。SaaSはPaaSIaaSと比較すると汎用性が低いサービスに分類されます。

そのため、制限あるサービスの中で、自社の既存のコンテンツや業務に充てて効率化を図らなければなりません。

SaaSを導入し運用は始めたが、限られたコンテンツを自社業務に無理やりあてはめたがゆえに、相性が悪く効率化ができなかったという例も少なくないです。

SaaS独自のコンテンツを工夫して利用する必要がある点は、SaaSサービス自体を使い慣れない人からすれば、さらに使いづらい要因にもなるので大きな課題となります。

カスタマーサポートの負担が大きい

カスタマーサポートの負担が大きくなることも大きな課題です。カスタマーサポートの役割としては、自社内・顧客に対して、課題の解決・継続利用・新規購入を実現させるための役割を担っています。

ただし、カスタマーサポートは基本的には受動的な立場のため、社員や顧客側から問い合わせがないとサポートは行えません。

その結果、何も言わず顧客が解約を行うケースや社員がサービスを利用しないケースを引き起こす可能性があります。

これらを防止するためには、サポートを行うカスタマーサポートの存在は非常に重要です。顧客の解約などを防止するには能動的なサポートを行う必要があるでしょう。

しかし、能動的サポートになるとカスタマーサポートの負担は非常に大きなものになります。

適切なタイミングで適切なサポートを必要とするので、非常に大変な作業となるでしょう。

 

SaaSプラットフォームの役割

SaaSプラットフォームの役割

SaaS事業開発の上での課題について把握した後は、SaaSプラットフォームの役割について把握していく必要があります。

SaaSプラットフォームの役割がいかに重要かを理解するには、その特徴を押さえなければなりません。

その特徴とは、SaaSにおけるクラウドで提供されるソフトウェアを適切に利用することと、そのソフトウェアの機能範囲内で工夫して利用するという点です。

決められたサービスを利用することはもちろんですが、その機能範囲内である程度自分たちで臨機応変に対応しながらあらゆる課題へ対応するという柔軟さが求められます。

 

代表的なSaaSプラットフォームサービス

代表的なSaaSプラットフォームサービス

SaaSプラットフォームの役割を押さえたところで、次は代表的なSaaSプラットフォームサービスにどのようなものがあるのかを把握しましょう。

それぞれの特徴を理解できれば、今後の導入に向けて具体的なイメージを持てるはずです。

AWS

代表的なSaaSプラットフォームサービスとしてAWSが挙げられます。正式名称はAmazon Web Servicesといい、世界最大級のECモールを運用するAmazonが提供するSaaSサービスです。

AWSが提供する主なSaaSサービスは以下のようなサービスがあります。

  • Microsoft Office 365
  • Amazon QuickSight
  • Amazon EventBridge
  • Amazon AppStream 2.0

Microsoft Office 365は使い慣れたOfficeアプリと、クラウドサービス・セキュリティを一括して提供するサービスです。

以前の端末にインストールして使っていたOfficeアプリと同様の性能を使用することができ、家庭向けだけでなく企業や教育機関と多方面に対応可能となります。

Amazon QuickSightは、完全マネージド化したBIサービスをクラウド上で利用することのできるサービスです。

データ分析のできる人材がいない企業でも、クラウド上のデータを利用して比較的簡単に分析が可能になるでしょう。

Amazon QuickSightは、アプリケーション同士を簡単に接続することができる統合サービスになります。サーバーレスで接続できる点が大きな特徴です。

また、Amazon AppStream 2.0はデスクトップ型のストリーミングサービスになります。配信は任意のブラウザで世界中への配信が可能です。

GCP

代表的なSaaSプラットフォームサービスとしてはGCPもあります。これはGoogleが提供するクラウドサービスであり、正式名称はGoogle Cloud Platformです。

GCPが提供する主なSaaSサービスは以下の内容になります。

  • Google Cloud Storage
  • BigQuery

Google Cloud Storageは、ストレージサービスであり容量無制限に使用できる点が特徴です。あらゆるデータを暗号化して自動的にバックアップを行い、自由にアクセスできます。

BigQueryはビッグデータ解析ツールを提供するサービスです。

数千万や数億件クラスの大量のデータでも高速にリアルタイムで解析することが可能で、年齢・地域などスケールごとの解析も可能としています。

ベアSaaSプラットフォーム

ベアSaaSプラットフォームはリンクベアメタルクラウドが提供するSaaSサービスです。

サブスクリプション形式でソフトウェアを販売するために必要なインフラであるIT基盤を提供し、販売から請求までサポートしてくれます。

主なサービスは販売面に特化したものであり、以下のような内容です。

  • サーバインフラの提供や運用代行
  • 顧客情報の登録機能
  • 顧客への通知機能

商品の登録などのマスタ管理からユーザーとの契約、ユーザーへの通知など包括的に行うことができるようになります。

代表的なプラットフォームをより詳しく知りたい方は弊社にご相談ください。

https://www.strategit.jp/contact/

MasterHub

リンク:https://www.strategit.jp/vendor-saas/

 

SaaSプラットフォームの活用シーン

SaaSプラットフォームの活用シーン

SaaSプラットフォームの代表例を把握しましたが、これらのサービスを活用するシーンはどういったところなのかも理解していきましょう。

主な活用シーンとしては、生産性の向上業務の効率化を図りたい時が具体的な例として挙げられます。

例えば、顧客管理において、これまでは大規模なサーバを設けて運用したうえで大量のデータを保管していました。

しかし、データ量が増えれば増えるほどサーバは逼迫し管理も大変になります。それを解決してくれるのがクラウド型の運用です。

SaaSプラットフォームを活用すれば、コストを押さえながら大規模なデータにも対応ができます。

そして、サブスクリプション型で運用できるのでコスト管理も容易になり、結果的に売上の管理も簡単にできるようになるでしょう。

業務効率化や生産性の向上により、ビジネスを飛躍させたいときに大きく活用できるのです。

 

SaaSプラットフォームの活用事例

SaaSプラットフォームの活用事例

SaaSプラットフォームの代表的な活用事例についても把握できれば、より自社運用の際のイメージもしやすいでしょう。代表的な身近な活用事例としては、企業のGmailの活用です。

Googleが提供するメールサービスですが、インターネットに接続可能な環境下であれば、アカウントログインだけで端末・場所を問わずアクセスできます。

メール受信者はオフィスなど場所を問わずアクセスし、メールを見て連絡をとれるような環境になったことで業務の効率化に成功したところも多いです。

また、データの管理や編集・バックアップを異なる端末間で行えるDropboxを導入した企業でも生産性の向上に成功しています。

複数端末でのデータ同時編集を可能とし、リアルタイムで保存するのでバックアップの問題などの心配もありません。

オンライン上への保存により、大幅な業務環境の改善を行うことに成功しました。

 

SaaSプラットフォームを活用するメリット

SaaSプラットフォームを活用するメリット

ここからは、SaaSプラットフォームを活用するメリットについても理解していきましょう。

詳細なメリットを把握することができれば、自社に得られる効果がイメージでき、導入について綿密に検討できるでしょう。

効率的に開発できる

まず大きなメリットが効率的に開発ができることです。SaaSプラットフォームは多くの場合、システムの開発に関わる高度な技術をすでに保有しています。

自社で開発を一から行う場合には、大きなコストをかけなければならない場合でも、SaaSプラットフォームを利用すれば圧倒的に低コストで開発できるでしょう。

開発コストを抑えられる

次に挙げられるメリットが開発コストを抑えられるという点です。これまでは同様のサービスを利用しようとした時には、初期投資としてまず大きな金額が求められました。

しかし、SaaSプラットフォームの多くが、現在月額や年額などのサブスクリプション形式になっていることで、初期費用を抑えての開発が可能になったのです。

 

SaaSプラットフォームを活用するデメリット

SaaSプラットフォームを活用するデメリット

SaaSプラットフォームを活用するうえでは、メリットだけでなくデメリットもあります。

導入後に問題点として発覚してはトラブルになる可能性もあるので、あらかじめ把握しておきましょう。

プラットフォーム提供者の環境に左右される

まずひとつ目がプラットフォーム提供者の環境に左右されることです。

たしかに生産性の向上や業務の効率化は狙えますが、それはプラットフォームが用意した環境の上でできる範囲になります。

そのため、思った通りの改善結果にはならない可能性もあるでしょう。

最悪の場合、全く対応不可能なケースもあるので、可能であれば必要な機能があらかじめプラットフォームにあるかも確認しておくべきです。

コストの予測が立てにくい

コストの予測が立てにくいこともデメリットとして挙げられます。SaaSプラットフォームを利用するうえでは、必ずランニングコストが必要です。

それに加えて、一部の機能を付け加える際に課金するケースもあります。必要な機能が後々増えるかは、導入後にしかわからないのでコストの予測が立てにくいのです。

より詳しくプラットフォーム活用について知りたい方は、弊社にご相談ください。

https://www.strategit.jp/contact/

MasterHub

リンク:https://www.strategit.jp/vendor-saas/

 

SaaSプラットフォームを選ぶポイント

SaaSプラットフォームを選ぶポイント

メリット・デメリットについて把握できましたが、自社に最適なプラットフォームを選定するのであれば、選ぶ際に押さえておくべきポイントも把握しておく必要があるでしょう。

ここでは、プラットフォームを選ぶ際のポイントを紹介します。

支援体制

ひとつ目は支援体制についてです。プラットフォームを導入後、自社で運用中にわからないことやトラブルに見舞われることは多々あるでしょう。

その際に、しっかりとサポートをしてくれるかは重要です。問い合わせてもすぐに回答が得られない場合や、なかなか対応してもらえないとなれば、社内の業務にも支障が出かねません。

そういったトラブルにならないためにも、しっかりと支援をしてもらえる体制かどうかは重視しておきましょう。

利用料金

次に押さえておくべきポイントが利用料金についてです。先述した通り、SaaSプラットフォームを導入するのであればランニングコストがかかります。

それに加えて、必要な機能をオプションで追加していけばさらに料金が発生する仕組みです。

そのためいくら初期費用を抑えていても、最終的には高額なコストになっているケースもあるので、注意が必要になります。

採用実績

採用実績も注目すべきポイントです。SaaSプラットフォームは非常に便利で業務に役立つツールに思えますが、全てが自社に最適なものばかりではありません。

最適なツールではないにも関わらず導入しても、思ったような結果が得られない可能性もあるでしょう。そのようなことにならないためにも、採用実績は大きな判断材料になります。

採用実績にて、自社と同様の事業を手がける企業・実際に導入した企業の得られた結果・実績などを伺い知ることができれば、自社への導入後も高い効果が期待できるでしょう。

 

効率的にSaaS事業をスタートしたいなら

効率的にSaaS事業をスタートしたいなら

多くの企業がより業務の効率化などを期待する中、SaaSプラットフォームの導入は非常に有効な方法です。

しかし、自社に最適なプラットフォームを選ぶには、情報を集め実績を確認ししっかりと検討する必要があります。

とはいえ、スムーズにいかずどのプラットフォームがいいのかわからず悩みを抱え、思ったようにSaaS事業をスタートできないこともあるでしょう。

その際には弊社にご相談ください。専門の担当者が効率的にSaaS事業スタートできるよう、事前調査・導入から課題解決まで一丸となって取り組みます。

丁寧なヒアリングのもと、適切なアドバイスや課題解決に向けた最適なサービスの提案なども行いますので、ぜひ一度ご相談ください。

https://www.strategit.jp/contact/

 

SaaSプラットフォームを活用して事業を成功させよう

SaaSプラットフォームを活用して事業を成功させよう

SaaSプラットフォームは、企業にとっては効率化など業務改善に非常に効果を発揮してくれます。

しかし、全てのプラットフォームが自社に最適とは限らないので、適切なものを選ばなければなりません。導入後の支援やコストなども鑑みて検討する必要もあるでしょう。

これらを自社で全て解決するのは非常に大変です。導入後のリスクなど、まだ全て把握しきれていないこともあるかもしれません。

そのようなことがないためにも、ぜひ弊社にご相談ください。課題の発見から解決まで、企業と一緒になって解決に取り組みます。

 

SaaSは連携開発をすることで効果を発揮する

SaaSは連携開発をすることで効果を発揮する

業務効率化を目的として、業務・部署別に複数のSaaSを導入する企業が増えています

しかし、それぞれのSaaS単体では、その効果を最大限に発揮することはできません。
SaaSは連携開発することで、よりその効果を発揮するのです。

 

SaaSに関する多くの悩み

SaaSは手軽に導入でき、業務効率化や働き方改革などへの効果が期待できます。

しかし一方で、SaaS導入によって業務間の連携・部署間の連携・データの統合・マスタのチェック等が滞り、かえって業務量が増えてしまうという課題も発生しています。

  • SaaSを導入したいけれど、「どの課題」に「どのツール」が最適かわからない
  • SaaSを導入したものの、複数利用の影響で連携や効果的な運用ができていない
  • SaaSを導入したものの、かえって業務量が増えてしまっている

このような悩みをお持ちの方は弊社にお任せください。

SaaS導入にお困りの方へ

SaaS導入にお困りの方へ

SaaSの効果を最大化するためには、既存の業務プロセスの見直しや、最適な業務のあり方の再構築が必要です。

しかし、「課題をどのように見直すべきか」「何が解決すべき課題か」を明確にすること自体、困難に感じる企業も少なくありません。

そのような企業課題を解決するために、弊社はSaaSのメリットを最大限活用した導入支援を行っています。

SaaS連携開発やAPI開発支援でお困りの方へ

SaaS連携開発やAPI開発支援でお困りの方へ

多くの企業で、1社あたり10程度のSaaSを利用しているといわれています。それだけSaaSは多くの企業に必要とされていることがわかります。

しかし、複数のSaaSを利用することで情報の分断や多重入力といった問題が起こるリスクがあります。

業務の効率化を求めて導入したはずなのに、複数のSaaS利用によって新規導入や効果的な運用の足かせとなることがあるのです。

そこで弊社は、事業のスケールに貢献することを目的として「MasterHub」を提供しています。

SaaS事業者の皆様には、高品質で低コストなシステム連携の実現をご期待いただけます。

SaaS連携でお困りの方へ

SaaS連携でお困りの方へ

SaaS導入によって、業務間の連携・部署間の連携・データの統合・マスタのチェック等が滞り、かえって業務量が増えてしまうという課題が発生しています。

業務の効率化を目的として導入しても、それではSaaS本来のチカラを発揮することができません。

弊社が開発・運営する「SaaStainer」は、この課題を解決しSaaSの本来のチカラを引き出します。

API連携などのノウハウがなくても、アカウントを作成しアプリにログインすることで簡単に連携を実現します。

SaaS間の連携開発に特化した弊社が、企業の業務フロー全体を改善することで、SaaS本来のチカラと企業本来のチカラを引き出します。