API開発は準備・設計が非常に重要!具体的には何するの?

自社ソリューションにAPIを作ることになったけど、何から手をつければいいか分からない。ネットで調べても自社に当てはまる情報がなくて困っている。。。

本日はそんなAPIでお悩みの方に抑えていただきたいポイントをお話ししたいと思います。

 

このようなお悩み多いのではないでしょうか?

 

・APIの知見がなく開発ができない

・APIを開発する上でどのようなAPIがあるとよいのかわからない

・認証やセキュリティーをどうすればいいのか分からない

・APIのケーススタディをどこまで想定すればいいのか分からない

・必要なテスト環境を整えるのが難しい

 

APIを作って公開したらみんなが使ってくれると思ったら大間違いです!!!

ただ作るのではなく、開発者にとって使いやすい「汎用的で拡張性がある」APIを準備しなければ誰も使ってくれない「無駄なAPI」となります。

まずは下記3つのポイントを踏まえ検討していきましょう。

 

①公開する目的

 ※APIを公開する目的・価値・ビジネスモデルを明確にする

  →社内社外どちらに向けたAPI? 有料/無料どちらで提供する?など

②利用者を想定する

 ※開発者、パートナー、エンドユーザーなど具体的に誰が使うAPIなのか明確にする

  →ソリューションの内容にかかわらず、toBなのかtoCなのかまたは両方なのか

   ターゲットにより開発が変わってくる。

  →APIを利用することでエンドユーザーにどのようなメリットを提供し、どのような業務課題が解決できるか

③連携効果 

 ※連携するソリューションをイメージして何を提供するAPIなのか明確にする

  →ユーザーニーズは把握しているのか?

   連携することで得られる効果(アップセル?チャーン防止?)など

 

ポイントをきちんと押さえる事で、CS(顧客満足度)向上、業務効率化だけではなく新たなビジネスチャンスの拡大が見込めます。

 

 

■SFA事業者が名刺管理ソリューションとの連携開発の事例

名刺情報の自動入力で業務負担を軽減

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【準備】

①目的:社外ユーザーに向け無料公開

②想定:toB向け

③連携効果:新規ユーザー獲得、チャーン防止

      手動入力から自動入力へ

【設計】

・仕様書作成

市場調査→ベンチマークとなるソリューションを調査→複数のケーススタディを想定

・要件整理→名刺のどの項目がCRMに連動するとよいか設計

※名刺

【会社情報】

  ∟屋号、郵便番号、都道府県、市区町村、番地、ビル名、電話番号、FAX、URL

【担当者情報】

  ∟姓、名、姓(フリ)、名(フリ)、部署、役職、メールアドレス、携帯番号、営業担当名

・連携の条件

会社情報のURLと担当者情報のメールアドレスのドメインを参照し、同一であれば自動でマージされる

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

StrategITの特徴

弊社(StrategIT)はSaaSのAPI開発専門で行っているため、APIの調査(仕様書作成)〜設計〜開発〜運用〜営業サポートまでワンストップ対応が可能!

 

・リソース不足で開発に人が避けない

・外部ソリューションの調査や改修をエンジニアがやりたがらない

・問合せやエラーに対する顧客対応ができる営業/CS(カスタマーサクセス)がいない

 

といったAPIに関する課題や疑問等お気軽にご連絡ください。

貴社の要件をお伺いし、最適なプランをご提案させていただきます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

また弊社は、連携アプリストア「SaaStainer」で、簡単にSaaS間の連携を行える連携アプリを複数提供しております!
《Backlog × 会計freee》や《Hubspot × board》等、複数の連携アプリがあり、非エンジニアの方でも簡単に連携アプリを使用することができます。連携アプリを活用して手間をかけずにAPI連携をして業務効率化していきましょう。

<SaaStainer|画像かこちらをクリック

 

 

 

 

こんな連携アプリがあったら嬉しい、便利だなと思うものがありましたら、弊社HPやSaaStainerのTwitter等からお気軽にご連絡ください。開発を検討させていただきます!

 

以上が「API開発」がどういうものなのかという説明になります。

 

次回は電子帳簿システムについてご紹介します。

コラム公開予定日は4/30(金)となります。

 


SaaStainerのTwitterアカウントで最新情報を発信していきますので、ぜひフォローをお願いいたします。
<【公式】SaaStainer Twitterアカウント|画像かこちらをクリック