誰でも分かる「PaaS」の説明 SaaS連携の専門家が分かりやすく解説!

「PaaSって知ってる?」

カレー屋さんでそんな言葉を耳にするとは…声のするほうを見たら、以前お蕎麦屋さんで「SaaS」について聞いてきたおじ様が…
なんて偶然がないとは言い切れませんよね。
このコラムを読んでおけば、おかわりのナンが焼き上がる前に説明を終える事が出来るかもしれません。

前回ご説明した「SaaS」と綴りが似ており、一緒に調べられたり紹介されている事が多い「PaaS」についてご紹介します。

 

「PaaS」とは…

・単語の成り立ち :(Platform as a Service)の頭文字をとって形成された単語です。
          直訳は「サービスとしてのプラットフォーム」となります。
・読み方     :「パース」または「パーズ」
・意味      :アプリケーション構築するための環境を提供するサービス
          または形態のことを指します。
・PaaS代表例    :AWS Elastic Beanstalk、Google Apps Engine、
          Azure App Service、Herokuやノンプログラミングでアプリ作成で
          きるkintone等

インターネット経由で提供されるプラットフォーム上でアプリケーションを構築することができます。
このプラットフォームというのが何を提供してくれるのかというと、主にハードウェアや仮想化ソフトウェアといわれるものですが、それだけでなくOSやミドルウェア、プログラミング言語や管理システムといった基盤や開発ツール等のアプリケーション開発に必要なものを提供してくれます。

これらを全て自社で調達、管理するには莫大な人員やコストが発生しますが、プロバイダーが管理し利用ユーザーに対して「PaaS」として提供することで、利用ユーザーはアプリケーションを構築する上で必要なリソースを従量課金制で購入し、コストを抑えながら開発環境を整える事ができます。
ですので、メリットとしてはアプリケーション開発に注力できるということがあげられます。

デメリットとしては、PaaS側が設定するデータベースやプログラミング言語を利用する事が必要になるため、ある程度制約があります。そのため、どのくらい自由度を持たせて開発したいかで選択する必要がでてきます。

より自由度を持たせてアプリケーション開発を行いたい場合は「IaaS」を活用していきましょう。
「IaaS」についてはまた今後コラムとして公開しますのでぜひそちらをチェックしてください。
<「IaaS」 について|「IaaSって何て読むんだ?」>

 

以上が「PaaS」がどういうものなのかという説明になります。

次回は弊社が開発したSlackとChatworkの連携アプリについてご紹介します。
コラム公開予定日は3/16(火)となります。

 


SaaStainerのTwitterアカウントで最新情報を発信していきますので、ぜひフォローをお願いいたします。
<【公式】SaaStainer Twitterアカウント|画像かこちらをクリック