デジタルヒューマンを広告に利用するには? ChatGPT-4に学ぶAIアバター作成方法

突然ですが、皆さん、マックス・ヘッドルームってご存知ですか?

80年代にゼロワンショップのCMなどで、多少日本でも流行ったんです。

MAX

https://www.youtube.com/watch?v=6epzmRZk6UU

今回はそんな懐かしのマックス・ヘッドルームを最新のChatGPT-4×AIアバターで再現して、

広告動画を作成する実験を行いたいと思います。

これはかなりワクワクします。

 

まずは言葉の定義からChatGPT-4に確認してみます。

Q:デジタルヒューマンとは?

A(ChatGPT-4):

デジタルヒューマンとは、コンピュータやAI技術を活用して、人間の外見や動き、感情や意識をデジタル上で表現・再現する技術や、そのデジタル上の人間のことのようなものを指します。 、様々な分野で活用されており、映画やゲーム、アップロード、広告、教育、エンターテインメントなど堅実な用途があります。

デジタルヒューマンは、3Dスケーリングやアニメーション、フォトリアリスティックなシミュレーション技術、表情や声の合成、そしてAIや機械学習を活用して、人間のリアルな外見や動き、感情表現を実現しています。また、デジタルヒューマンは、チャットボットやバーチャルアシスタントとしても利用され、人間と自然な会話ができるようになることが期待されています。

デジタルヒューマン技術の発展は、これからも続くと考えられており、よりリアルで人間らしいデジタルヒューマンが登場し、私たちの生活や仕事にさらに変化をもたらすことが予想されています。

Q:What is AI Avatar? (英語で聞いてみます。)

A(ChatGPT-4):

An AI avatar, also known as a virtual assistant, digital companion, or chatbot, is a digital representation of an artificial intelligence system designed to interact with users in a more personalized and human-like way. AI avatars can take various forms, such as a 2D or 3D character, an animated figure, or even a simple text-based interface, depending on the platform and context in which they are used.

These AI avatars are programmed to understand natural language, respond to user inputs, and assist with tasks, such as answering questions, providing recommendations, and carrying out specific actions. They are commonly used in a range of applications, including customer service, social media, gaming, education, and healthcare.

AI avatars leverage technologies such as natural language processing (NLP), machine learning, and sometimes computer vision to create a more engaging and interactive user experience. As AI technology continues to evolve, AI avatars are expected to become more sophisticated and capable of handling complex tasks and forming deeper connections with users.

Q:AIアバターとは?

A(ChatGPT-4):

仮想アシスタント、デジタル コンパニオン、またはチャットボットとも呼ばれる AI アバターは、よりパーソナライズされた人間のような方法でユーザーと対話するように設計された人工知能システムのデジタル表現です。 AI アバターは、使用されるプラットフォームやコンテキストに応じて、2D または 3D キャラクター、アニメーション フィギュア、さらには単純なテキストベースのインターフェイスなど、さまざまな形式を取ることができます。

これらの AI アバターは、自然言語を理解し、ユーザー入力に応答し、質問への回答、推奨事項の提供、特定のアクションの実行などのタスクを支援するようにプログラムされています。これらは、カスタマー サービス、ソーシャル メディア、ゲーム、教育、ヘルスケアなど、さまざまな用途で一般的に使用されています。

AI アバターは、自然言語処理 (NLP)、機械学習、場合によってはコンピューター ビジョンなどのテクノロジを活用して、より魅力的でインタラクティブなユーザー エクスペリエンスを作成します。 AI テクノロジーが進化し続けるにつれて、AI アバターはより洗練され、複雑なタスクを処理し、ユーザーとのより深いつながりを形成できるようになることが期待されています。

Q:AIアバターとは?(日本語でも聞いてみます。)

A(ChatGPT-4):

AIアバターは、人工知能(AI)技術を活用して作成されたデジタルキャラクターで、人間の外見や動き、感情表現を模倣し、人間とのインタラクションを可能にするものです。やアニメーション技術、フォトリアリスティックな解析技術などを用いて、リアルな外見や動きを実現しています。

また、AIアバターは、自然言語処理(NLP)や機械学習技術を用いて、人間と自然な会話を行うことができます。 これにより、チャットボットやバーチャルアシスタントとして、さまざまな分野で活用されています例えば、カスタマーサポート、オンライン教育、エンターテインメント、広告、ソーシャルメディアなどの分野で利用されています。

AIアバターは、今後も技術の進化によって、よりリアルで人間らしいインタラクションが可能になり、私たちの生活や仕事にさらに変化をもたらすと考えられています。

 

英語で質問した方が回答がより詳細ですね。

次にデジタルヒューマンとAIアバターの違いを聞いてみます。

 

Q:デジタルヒューマンとAIアバターの違いは?

A(ChatGPT-4):

デジタルヒューマンとAIアバターの違いは主に、目的と機能の範囲にあります。

デジタルヒューマン:

デジタルヒューマンは、人間の外見、動作、感情をシミュレートするように設計された3Dデジタルモデルです。これらのモデルは、通常、リアリティショー、映画、ビデオゲーム、広告などのエンターテイメント産業で使用されます。デジタルヒューマンは、リアルタイムのインタラクションやコミュニケーションを提供する目的ではなく、あくまで視覚的な表現やシミュレーションを目的としています。

AIアバター:

AIアバターは、AI技術を利用して人間の外見や動作を模倣することに加えて、人間とのインタラクションを可能にします。これらのアバターは、チャットボットや音声アシスタントのような自然言語処理(NLP)技術を使って、人間とのコミュニケーションを行います。また、感情分析や表情認識技術などの機能を持つことがあります。AIアバターは、カスタマーサポート、仮想アシスタント、教育、トレーニングなど、さまざまな用途で使用されます。

総括すると、デジタルヒューマンは主に視覚的な表現やシミュレーションに焦点を当てており、AIアバターは人間とのインタラクションやコミュニケーションに重点を置いています。ただし、この二つの概念は時に重複することがあり、例えばAIアバターがデジタルヒューマンのようなリアリスティックな外見を持つこともあります。

 

では、AIアバター自動生成方法をChatGPT-4に質問します。

 

Q:AIアバター自動生成方法を教えて下さい。

A(ChatGPT-4):AIアバターの自動生成に関する情報を以下に示します。

AIアバターは、人工知能を活用して、2Dや3Dのキャラクターをデザインし、動かすことができる技術です。自動生成されたアバターは、ゲームやアプリケーション、ウェブサイト、SNSなどで利用されます。 AIアバターを自動生成する方法をいくつか紹介します。

1.オンラインのアバター生成サービスを利用する
Web上には、AIアバターを自動生成するための多くのサービスが提供されています。
これらのサービスにアクセスして、必要な情報や設定を入力すれば、簡単にアバターを作成することができます。

2.AIモデルを使ってアバターを生成する
機械学習を用いたモデルが開発されていて、それを使ってAIアバターを自動生成することができます。
リアルな2Dイメージや3Dモデルを生成することが可能です。
自分でAIモデルを訓練したい場合は、データセットを用意し、モデルの学習と最適化を行う必要があります。

3.オープンソースのAIツールを利用して、自分でアバターを生成する
これらのツールを使えば、自由にアバターをカスタマイズし、独自のデザインを追加することができます。

注意すべき点として、AIアバターの自動生成には著作権や肖像権などの方法の問題が生じる場合があります。 適切な許可を取得することが重要です。

 

なるほど。

 

概要は分かりましたので、実践をChatGPT×AIアバターの専門家 田中 恒平さんにご相談しました。

田中 恒平さん

一般社団法人日本DX人材育成機構

代表理事

2006年に上場企業のブランディング部門に入社。後に広告・検索集客のスペシャリストに。ユーザ数を8倍増させた事業が決算説明資料で4ページにわたり紹介された。2012年Singapore SEO Consultant Pte.Ltd.設立。移住を希望する富裕層向けメディア運営他、顧客の集客を支援した。2016年に帰国し大手人材会社の経営戦略部門に参画。社会運動になった保育士の収入を補助するCSRアクションを起案・推進。NHKニュースで特集を組まれるなどした。2020年に世界的検索AIプラットフォームの品質評価者となり、その知見を活かして企業のDX推進を手掛けている。

【社団法人日本DX人材育成機構公式HP】

 

すると…

あっという間に以下2本の動画が出来上がりました。

 

SaaStainer(サーステイナー)とは?デジタルヒューマンが解説します。( 日本語版)

SaaStainer(サーステイナー)とは?デジタルヒューマンが解説します。( 英語版)

デジタルヒューマンだと英語も流暢です。

 

しゃべって貰う為に用意したテキストは以下となります。

すべてのSaaSをボタン一つでらくらく連携

SaaStainerとは?

SaaStainer(サーステイナー)は、ノーコードでデータ連携を実現する連携アプリストアです。

アプリストアに掲載されている連携アプリは、簡単な設定をするだけでデータの自動連携を可能にします。

様々な業務フローを自動化し、SaaS本来のチカラを引き出し、SaaSを最大限活用できる環境を提供いたします。

https://saastainer.com/

 

このデジタルヒューマン(AIアバター作成)のポイントは以下2つです。

1.『声も人物も、AIにテキストを読ませているだけ』

2.『私自身はこの動画で働いていない』

 

応用編は以下となります。

1.ChatGPT-4とAIアバターをAPIで自動連携し、デジタルヒューマンと自由に会話する。

2.動画教材やオンラインセミナー動画の自動生成。

AIアバターのUIをVtuberにすれば、ファンと自動で会話するデジタルヒューマンの誕生ですね。

既にアプリ開発されている方がおられました。

 

教育からエンタメまで幅広く利用できそうです。

 

次のChatGPTはデジタルヒューマンになるとの話もあるようです。

 

そして、田中さんからメッセージをいただきました。

 

最後に、念願のデジタルヒューマンになった感想としては、

GHOST IN THE SHELL
「ネットは広大だわ」by 素子 でした。

今回の実験は以上となります。

弊社は東証プライム上場企業HEROZのグループ会社として、「AI革命を起こし、未来を創っていく」をグループミッションとして掲げています。
B to B領域での最新のAI SaaS開発、SaaS間のデータ連携、API連携、ERP導入支援、業務改善コンサルについて、ご興味のある企業様はこちらよりお問い合わせください。

SaaS間の連携開発に特化した弊社が、企業の業務フロー全体を改善することで、SaaS本来のチカラと企業本来のチカラを引き出します。

導入事例は以下を是非ご覧ください。

ピー・シー・エーなど3社、「PCAクラウド給与」と「HRBrain」が連携 「Master Hub」の「仲立ち」がかぎに

1000名を超える日本を代表する大企業様から数名のスタートアップ企業様まで、様々な企業様がAPI連携によるSaaSの業務効率アップを進めておられます。

SaaSのAPI連携ご利用事例(飲食業、自動車、建設業、情報通信、小売業の企業様) IT reviewご紹介

SaaStainer

人気順連携アプリランキング

1位:SlackのチャンネルとChatworkのルームを連携

2位:SlackのチャンネルとTeamsのチームを連携

3位:freee会計内で承認された各種申請フォームをクラウドサインに連携

4位以降はこちら

 

 

シェアする

アバター画像

この記事を書いた人

株式会社ストラテジット