ChatGPT APIとは?ChatGPTとAPI連携すると便利なSaaS 5選

ChatGPT

ChatGPT APIとは?ChatGPTとAPI連携すると便利なSaaS 5選など、ChatGPTに色々聞いてみました。

Q:ChatGPT APIについて教えて下さい。

A(ChatGPT):ChatGPTは、OpenAIが開発した自然言語処理のためのAIモデルです。ChatGPT APIは、開発者がChatGPTモデルを使用して自然言語処理を行うためのAPIです。

ChatGPT APIを使用すると、開発者は簡単にChatGPTを利用して、テキスト生成、文章要約、質問応答、言語翻訳などのタスクを実行することができます。APIは、RESTful APIとして提供されており、 JSON形式で応答を返します。

APIの使用には、OpenAIのAPIキーが必要です。APIキーを取得するには、OpenAIのウェブサイトから登録を行い、APIキーを生成する必要があります。

また、APIの使用には一定の制限があります。APIキーを持つユーザーは、1か月あたりのAPI呼び出し数に制限があるため、APIの使用には注意が必要です。

 

Q:ChatGPTとAPI連携すると便利なSaaS 5選を教えてください。

A(ChatGPT):以下は、ChatGPTとAPI連携することで便利なSaaSの例です。

 

Q:ChatGPTでAPI連携して便利になる日本のSaaSお勧め3選を教えて下さい。

A(ChatGPT):日本のSaaS市場には多くの優れたサービスがありますが、ChatGPTとAPI連携して便利になるお勧めの3つのサービスをご紹介します。ただし、これらのサービスのAPIが現在利用可能であるか、最新の情報が分からないため、事前に公式サイトで確認してください。

  • Kintone (キントーン)
    Kintoneは、データベース、プロジェクト管理、CRM、ビジネスプロセス管理など、様々な業務を効率化するためのプラットフォームです。KintoneのAPIとChatGPTを連携させることで、データの取得や更新、タスクの自動化、アプリ間の連携などが容易になります。

  • Miro (ミロ)
    Miroは、オンラインでの共同作業やビジュアルコミュニケーションをサポートするツールです。ホワイトボード機能を中心に、アイデアの共有やプロジェクトの進捗管理ができます。MiroのAPIとChatGPTを連携させることで、ミーティングの要約やアクションアイテムの抽出、プロジェクトの進捗状況の確認がスムーズに行えます。

  • MoneyForward (マネーフォワード)
    MoneyForwardは、経費精算や請求書管理、会計ソフトウェアなど、企業の財務管理を効率化するクラウドサービスです。MoneyForwardのAPIとChatGPTを連携させることで、経費報告の自動化、請求書の確認や作成、財務データの分析が容易になります。

これらのサービスとChatGPTを連携させることで、業務の効率化や自動化が進み、よりスムーズなビジネスプロセスが実現できます。ただし、個々の企業のニーズに合わせて、最適なサービスを選択することが重要です。

Q:ChatGPT API と Slack の連携方法を教えて下さい。

A(ChatGPT):ChatGPT APIはOpenAIが提供するAPIで、Slackとの連携も可能です。以下は、SlackとChatGPT APIを連携する方法です。

  • OpenAI APIアカウントを作成します。OpenAIのAPIアカウントを作成するには、OpenAIのウェブサイトで登録を行います。登録後、APIキーを取得してください。

  • Slackアプリを作成します。Slackアプリを作成するには、Slackの開発者向けウェブサイトで登録を行います。登録後、SlackアプリのOAuth権限を取得してください。

  • ChatGPT APIを利用するプログラムを作成します。Pythonなどのプログラミング言語を使用して、ChatGPT APIを利用します。

 

Q:無料で利用できる画像素材を教えて下さい。

A(ChatGPT):「無料画像」というキーワードで検索すると、無料で利用できる画像素材を提供する多くのサイトがヒットします。ただし、利用規約やライセンスが異なるため、注意が必要です。また、クレジット表記が必要なものもあるため、利用する前に必ず確認しましょう。

以下は、私がおすすめする「無料画像」のサイトです。

  • Pexels ( https://www.pexels.com/ja-jp/ ) イラストレーターの利用も可能な高品質な画像素材が豊富に揃っています。クレジット表記も必要ありません。

  • Unsplash ( https://unsplash.com/ ) 高品質な画像素材が無料でダウンロードできます。 イラスト利用も可能で、クレジット表記も任意です。

  • Pixabay ( https://pixabay.com/ja/ ) イラストレーター利用も可能な高品質な画像素材が無料でダウンロードできます。クレジット表記も必要ありません。

以上が、「無料画像」のおすすめサイトです。 利用する前に、利用規約やライセンスをしっかり確認し、必要な場合はクレジット表記をしましょう。

 

Q:プロンプトエンジニアリングを使って、ChatGPTに正確な指示を出してみます。

#命令書:

あなたは、プロの編集者です。

以下の制約条件と入力文をもとに、最高の要約を出力して下さい。

#制約条件:

・文字数は300文字程度。

・小学生にも分かりやすく。

・重要なキーワードを取り残さない。

・文章を簡潔に。

#入力文:

SaaSのAPI連携の利点

#出力文:

 

A(ChatGPT):#要約: SaaSのAPI連携の利点をわかりやすく説明

SaaS(サービスとしてのソフトウェア)のAPI連携は、いろんなサービスがつながって便利になることです。例えば、A社のメールサービスとB社のカレンダーサービスが連携すると、メールで約束した予定がカレンダーに自動で追加されるので、忘れずにスケジュールが管理できます。

API連携の利点は、次のようなものがあります:

  1. 時間の節約: 自動で情報がやりとりされるので、手動で入力する手間が省けます。
  2. ミスの減少: 自動でデータが送られるので、間違った入力が少なくなります。
  3. 新しい機能の追加: いろんなサービスがつながることで、新しい便利な機能が生まれます。

これらの利点によって、仕事や勉強がもっとスムーズに進み、楽しくなります。API連携は、これからもっとたくさんのサービスがつながって、私たちの暮らしをより良くしていくでしょう。

 

更に詳細なプロンプトエンジニアリングを学ぶにはプロンプトエンジニアリングガイドがお勧めです。
プロンプトエンジニアリングとは?
プロンプトエンジニアリングは、言語モデル(LMs)を効率的に使用するためのプロンプトを開発および最適化する比較的新しい学問分野です。プロンプトエンジニアリングのスキルを身につけることで、大規模言語モデル(LLMs)の能力と限界をより理解することができます。

Q:ChatGPTの自画像を生成して下さい。

A(ChatGPT):申し訳ありませんが、私は人工知能の言語モデルであり、自己像を持つことはできません。

 

無理を言ってすみません...

でも、ChatGPT → DeepL → DiffusionBee、ChatGPT可視化カタログサクッと完成 と言うやり方もあるようです。

 

まだまだ進化するChatGPTから目が離せませんね。

「GPT-4」発表 日本語でもChatGPT英語版より高性能、司法試験で上位10%、「この画像何が面白いの?」にも回答

GPT-4はこちら

ChatGPT for Googleはこちら

Talk to ChatGPTはこちら

ChatGPT事例集はこちら

ChatGPT for Excelはこちら

Auto-GPTとは?はこちら

HEROZ Knowledge System built with ChatGPTはこちら

 

デジタルヒューマンを広告に利用するには? ChatGPT-4に学ぶAIアバター作成方法

弊社は東証プライム上場企業HEROZのグループ会社として、「AI革命を起こし、未来を創っていく」をグループミッションとして掲げています。
B to B領域でのAI SaaS開発、SaaS間のデータ連携、API連携について、ご興味のある企業様はこちらよりお問い合わせください。

SaaS間の連携開発に特化した弊社が、企業の業務フロー全体を改善することで、SaaS本来のチカラと企業本来のチカラを引き出します。

導入事例は以下を是非ご覧ください。

ピー・シー・エーなど3社、「PCAクラウド給与」と「HRBrain」が連携 「Master Hub」の「仲立ち」がかぎに

1000名を超える日本を代表する大企業様から数名のスタートアップ企業様まで、様々な企業様がAPI連携によるSaaSの業務効率アップを進めておられます。

SaaSのAPI連携ご利用事例(飲食業、自動車、建設業、情報通信、小売業の企業様) IT reviewご紹介

SaaStainer

人気順連携アプリランキング

1位:SlackのチャンネルとChatworkのルームを連携

2位:SlackのチャンネルとTeamsのチームを連携

3位:freee会計内で承認された各種申請フォームをクラウドサインに連携

4位以降はこちら

 

シェアする

アバター画像

この記事を書いた人

株式会社ストラテジット