SaaS間の連携を実現する「Master Hub」の活用事例

前回のコラムでは「Master Hub」のご紹介を致しました。

今回は実際の活用事例についてご紹介しようと思います。

 

■なぜ「Master Hub」なのか?
「Master Hub」の詳しい内容について前回のコラムでご紹介をしましたが、「Master Hub」は開発プラットフォームであり、その開発プラットフォームを活用しSaaS連携を専門にした会社「ストラテジット」による開発を提供するというものです。

SaaS間の連携は重要視されているが、自社SaaS以外の他社SaaSが絡むので中々自社ですべて(開発、調査、運用保守)を対応しきれず後回しになってしまうというのが現状です。


「連携開発ができるアプリを提供する」「連携開発を受託開発する」のではなく、そこをストラテジットがまるまる支援出来ますというのが最大のメリットです。
そしてSaaS間連携を専門に行っている企業だからこそ、保守対応(バージョンアップ対応等)も含めて対応が可能です。


■事例紹介
具体的にはfreee、Cybozu、NetSuite、HubSpot、Trello、Slack等の連携実績がございます。APIが公開されているSaaSであれば、なんでも連携が可能になります。
(※APIがないものについても連携実績はございます。)
具体的に企業様ごとの活用事例を見ていきたいと思います。


・freee
小企業を初めとした法人・個人事業主向けの、事務管理(バックオフィス)を効率化するためのSaaS型クラウドサービスです。
freee様ではユーザーがfreeeと組み合わせて活用できるアプリを探して導入できるアプリストアがあります。ユーザーへ価値を提供する上で必要なアプリの一部を弊社がご協力させていただいています。様々な業務上のシチュエーションに合ったアプリを提案させていただいたり、freee様より伺った内容を具現化し、実装しています。
詳しくはこちらよりご確認ください:会計ソフトからバックオフィス全体、そしてクラウド型ERPへと拡大を目指す


・collaboflow
オフィスワークを効率化するワークフローのSaaS型システムです。「誰でも簡単に作れて直せる」「直感的な操作性を持つ」、そして「APIや他サービスとの連携機能の充実」の3つの特徴をもっています。コラボスタイル様では、Master  Hubを使い他社SaaSとの連携を強化した次世代ワークフローを実現し続けています。
連携サービスを増やして行く上で、Master Hubを使って連携部分を迅速に構築し、安定して運用が可能になりました。
詳しくはこちらよりご確認ください:”ハンコ出社”を改善する「コラボフロー」で働き方をサポート


・board connect for Hubspot
リード管理:Hubspot/案件管理(見積・請求を含む):board
「Hubspotの顧客情報と案件情報をboardに連携する」それだけのシンプルな機能ですが、業務設計という切り口で業務やデータの流れを含めてきちんと上流から下流まで設計し、導入してすぐに業務効率化に貢献できる機能を提供しています。
リベロコンサルティング様が企画・設計を行い、弊社が開発を担当しました。
詳しくはこちらよりご確認ください:バックオフィス業務のSaaS化で「効率化」と「地位向上」を


■SaaS連携アプリ専門のアプリストア「SaaStainer」
「Master Hub」によるSaaS間連携を実現した連携アプリ専門のアプリストアが
「SaaStainer(サーステイナー)」です。API連携などのノウハウがなくても、アカウント作成しアプリにログインすることで簡単に連携を実現できるアプリを利用することが可能です。
 「SaaStainer」への掲載するアプリをSaaS事業者様と企画しております。「SaaStainer」へ記載することのメリットとしては、弊社にて連携アプリの開発を行うだけでなく、オンボーディング、リリース後のメンテナンス、問い合わせ対応等トータル的にサポートさせていただくことが可能です。
SaaStainer


■弊社が提供する連携アプリとは?
SaaSと他SaaSの連携を可能にするアプリは実際どのようにつかえるのか?
連携なのでアプリといいながら、ユーザー側で初期構築作業やその作業を依頼するのに費用がかかるのではないか?とお考えの方もいらっしゃるかと思います。


弊社が提供する連携アプリの基本的な設定方法
・連携したい両SaaSへのログイン認証
・「初期設定ボタン」がありますのでそちらを押していただくと標準の連携が可能になります。


前回に引き続き「Master Hub」についてご紹介を致しました。


SaaSの普及により、SaaS間の連携というのはこれからさらに重要視されていく領域だと思います。
また、SaaS事業をする上でチャーンを止めることもとても重要です。
チャーン防止に大事なことはカスタマーサクセスマネジメントと言われています。
カスタマー=ユーザーを満足させるということが必要になるなかで、他ソリューション(SaaS)と連携できるSaaSはユーザーにとって魅力的です。
チャーン防止の重要要素として他SaaSとの連携がどの程度出来るのか、連携先SaaSを広げる予定はあるのかといったところがユーザー側としても導入を判断する要素ともなっているので、今後SaaS事業者が成長していく上でも無視できないものとなっています。


ご興味がある方は是非、お問合せフォームよりご連絡くださいませ。